自分なりにこだわりがあってお金を使っているのに、彼女から「必要ない」「ムダ遣い」と横やりを入れられたら、腹が立ってしまうもの。こちらの言い分を聞き入れて矛を収めてもらうには、どのように切り返すといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『ムダ遣いじゃない!』と彼女を納得させる買い物の言い訳」をご紹介します。

【1】「ゲームへの課金」は「1800円で2時間しか楽しめない映画より経済的だから」

「2000円で1カ月以上楽しめるんだから、全然ムダじゃない」(10代男性)というように、もっと高い買い物と比較することで、お得感を強調する作戦です。比較対象が的確でないと一気に説得力がなくなってしまうので、たとえ方には工夫が必要でしょう。


【2】「頻繁な飲み会への参加」は「情報交換と人脈づくりのために必要だから」

「社会人にとって人とのつながりって大事ですからね」(20代男性)など、「飲みニケーション」の効用を説明して、理解を求めるパターンです。実際に仕事に役立った例を挙げて、「なるほどね」と思わせてしまいましょう。


【3】「ラジコン収集」は「本物の車を買うよりもずっとリーズナブルな選択だから」

「本当はリアルな車を買いたいのに我慢してるってこと、わかってほしい」(20代男性)というように、高額な出費を抑えるための代替手段であることを話して、同意を得るやり方です。本物の車の価格を明らかにすれば、「仕方がない」と思ってもらえるかもしれません。


【4】「漫画の単行本」は「いつでも読み返せるし、飽きたら売ればいいから」

「『えっ、売っちゃうんだ』と食いついてきた(笑)」(10代男性)など、要らなくなったらすぐに売り払う潔さは新鮮に映るようです。ただし、たいした値段にならないことが多いので、そこはぼかしたほうがいいかもしれません。


【5】「パチンコや競馬」は「勝負の勘を磨くためのトレーニングだから」

「『瞬間的な判断力が試されるんだ』と言い張っている」(20代男性)というように、男として必要な能力を鍛えるためだと、もっともらしい口実をでっちあげるパターンです。のめり込みすぎて高い「授業料」を払う羽目にならないように気を付けましょう。


【6】「タバコ」は「脳を活性化させたりストレス発散に役立つから」

「『吸ってる最中って思考がまとまりやすいんだ』と煙に巻いた」(20代男性)など、効果を強調して力ずくで納得させる手もあります。とはいえ、「肺がんのリスクが高まる」といった反論は覚悟しておいたほうがいいでしょう。


【7】「愛車のチューンアップ」は「自分の財産の価値を高めるためだから」

「『手を掛けただけこいつの値打ちが上がるんだ』と言い張っています」(20代男性)というように、付加価値を高めるための出費だと強弁すれば、彼女も承知してくれるかもしれません。ただし、やりすぎてしまうと一般受けしなくなり、下取りが困難になるのでさじ加減は考えたいところです。


【8】「高級ブランド服」は「流行に左右されずにずっと着られるので長期的にはお得だから」

「『10年着たとすると年間8000円だよ』と数字に落とし込んだ」(20代男性)など、明確な根拠を示すのもアリでしょう。その代わり、こまめに手入れして、長持ちさせる努力をする姿勢は示したほうがいいかもしれません。


【9】「鉄道模型」は「少年の心を忘れない瑞々しい感性の俺でいたいから」

「『男のロマンなんだよ。20年来の夢なの!』と模型への思いを語りつくした」(20代男性)というように、コレクションにかける意気込みを熱弁すれば、思いはおのずと伝わりそうです。瞳を輝かせている様子を思い切り見せつけましょう。


理詰めで説得するのか、泣き落としで理解を得るのか。どんなやり方なら、彼女の心に訴えかけられるかを考えたうえで、最も効果的な言い訳を用意したいものです。(倉田さとみ)