どんなことでも、彼氏に言われると重く受け止めてしまう女性は多いもの。それがひどい言葉だと、ダメージは計り知れないようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「彼氏に言われて激しく傷ついた一言」をご紹介します。

【1】「そろそろ結婚すれば?」と他人事のように言う

「それって私とは結婚する気ないってことですよね…?」(20代女性)というように、他人事のように結婚を促して、彼女の怒りを買うパターンです。「結婚するほど真剣に付き合っているわけじゃない」という意味になってしまうので、今すぐ別れるつもりがないのなら、言葉を慎みましょう。


【2】「君は一人でも生きていけるよ」と突き放す

「私、そんなに強くないのに…。ちょっとひどいと思います」(20代女性)というように、彼女に寄り添う姿勢を見せないのも、失望されてしまうようです。どんなに強そうな女性でも、弱い部分はあるものです。それを理解して、包み込むのが彼氏の役目ではないでしょうか。


【3】「元カノは○○してくれたのに」と比較する

「どうして元カノが出てくるの?失礼だし、地味に傷つきます」(20代女性)というように、何かにつけて元カノを引き合いに出すと、彼女の怒りを買うようです。彼女にとって元カノは一番比べられたくない相手なので、名前を出すこと自体がご法度と心得ましょう。


【4】「友達のほうがキレイだね」と女友達を異性として扱う

「私と比べて褒める必要なくない?」(20代女性)というように、たとえ冗談でも、異性として彼女の女友達を褒めると、後々面倒なことになりそうです。あらぬ誤解を招かないためにも、「優しい子だね」などと性格面を褒めるようにしましょう。


【5】「痩せたら俺の友達にも会わせてあげる」と上から目線で言う

「何様のつもり?軽んじられてるみたいで腹立つ!」(20代女性)というように、彼女の見た目をいじるのも考え物のようです。ふられても仕方ないほどの暴言なので、冗談でも口にしないようにしましょう。


【6】「君には『自分』ってものがないの?」とケンカを売る

「あんたにも言い方ってものがないの?と返したくなる」(20代女性)というように、大人の女性を相手に「自分がない」と言い放って反感を買うパターンです。もし彼女が流されやすいタイプなら、「もっと自分の意見を言ったら?」などと好意的に受け止めてもらえるような表現を選びましょう。


【7】「(会うのが)面倒くさい」と本音を言う

「神経を疑うわ…」(20代女性)というように、ひどすぎる本音をぶちまけられて、困惑する女性もいます。本当にそういう心境であっても、言っていいことと悪いことがあるものです。「今日は都合が悪い」などと、彼女を傷つけない言い方をするのが優しさではないでしょうか。


【8】「最初から別に好きじゃなかった」と身もふたもないことを言う

「それを言ったらおしまいだよ!って感じです」(20代女性)というように、別れ際の発言に深く傷つく女性もいます。別れるからといって、何を言ってもいいというものではないはずです。彼女のプライドを傷つけるような発言はしないよう、気を付けましょう。


【9】「付き合うぶんにはいいけど、結婚はムリ」と遊び宣言をする

「信じてたのに…無責任すぎる!」(20代女性)というように、彼女のプライドを傷つけるような発言で恨みを買うケースです。結婚に夢を持つ女性は多いので、結婚絡みの発言では、いつも以上に注意しましょう。


ほかにも「こんな一言で彼女を傷つけた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)