彼女のことを想い、良かれと思った行動であったとしても、ときとして彼女に「うっとうしい!」と思われてしまう恐れがあります。「うっとうしい!」という感情によって、「彼氏がいなくなれば楽なんだろうな・・・」という思考を促し、別れを考えるキッカケに発展する可能性もあります。そこで今回、「彼女に『うっとうしい!』と思われる瞬間8パターン」を紹介させていただきます。

【1】友達と遊びに行くとき、「いつ」、「誰と」、「どこ」で遊ぶか、事前に報告を求める。

一緒に過ごさない時間について、事前に報告するように求めるパターンです。彼女に「束縛されている」と感じさせる恐れがあります。彼女の時間に干渉せずに、温かく見守ることも必要でしょう。


【2】飲みに行っているとき、「まだ飲んでいるの?」「何時に終わるの?」と状況を確認する。

飲み会の最中にしつこく連絡を入れるパターンです。「心配されている!」と喜びを感じる女の子がいる一方で、監視されているようで窮屈に感じる女の子もいるようです。彼女に飲み会を楽しんでもらえるように、飲み会の最中は、必要以上に連絡しない方が良さそうです。


【3】友達の目の前でベタベタして、甘える。

友達と一緒にいるとき、二人きりで過ごすときと同じようにベタベタするパターンです。彼女への愛情表現は大切なことですが、それを目の当たりにする友人がリアクションに困ったり、彼女も恥ずかしがる可能性があるので、友人の前で必要以上にイチャイチャするのは控えましょう。


【4】「子どもは○人・・・。」、「将来は二人で・・・。」など将来の話を頻繁に持ち出す。しかし、現実的ではない。

将来の話について話題に出すものの、現状を考えると、現実的ではない話のため、彼女が話半分に聞いているパターンです。二人の未来を考え、話し合うことは大切なことです。話をするだけではなく、実現するためにできることから取り組んでみてはいかがでしょうか。


【5】「俺のこと好き?」と何度も確認する。

彼女の愛情を頻繁に確かめるパターンです。付き合ってばかりのころは、彼女も喜ぶかもしれませんが、いつまでも確かめられては、ウンザリしてしまう恐れがあります。ときどき確認する程度に留めてはいかがでしょうか。言葉の重みを演出できるかもしれません。


【6】連絡が遅れたり、デートをキャンセルされた場合、「もしかして、飽きた?」と心配する。

彼女に冷たくされ、不安な気持ちとなり、「もしかして、飽きた?」と心配するパターンです。忙しい彼女に、「愛情が足りない!」とプレッシャーを与えてしまう恐れがあります。男ならばドーンと構えても良いのではないでしょうか。


【7】ボーっとしていると「いま、あの男を見ていただろ!」と言う。

デート中において、彼女が他の男性を見つめていると決め付けるパターンです。誤解をされて、ウンザリするだけではなく、彼氏に「浮気性な性格」だと思われていることにショックを受ける恐れがあります。デート中、彼女の視線が気になるのであれば、男を見ていることを断言せずに、「どうしたの?」と質問した方が彼女の気分を害することを防げるでしょう。


【8】ケータイが鳴ると「誰?男?」と聞く。

ケータイが鳴るたびに、「誰?男?」と確認するパターンです。嫉妬深い性格だと思われ、彼女に「うっとうしい!」と思われる可能性があります。彼女にも様々な友好関係があるので、ケータイが鳴ったくらいで、誰かなどと聞いたりせず、温かく見守ってあげても良いでしょう。


いま付き合っている彼女に対して、行っている行動はあったでしょうか。また、みなさんが「うっとうしい!」と思われた行動があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。