気になる男性に対して、用事もなく電話をする時、最初にどのような言葉を投げかけているでしょうか? 今回は、みなさんの会話のバリエーションを増やして頂くために、「用事がないときの電話、最初の一言7パターン」をご紹介させて頂きます。

【1】「用事はないんだけど。」

用事はないことをストレートに伝えるパターンです。声を聞きたかったという趣旨を伝えることが可能となります。


【2】「ちょっと話をしたくなって。」

用事がないことを遠回しに伝えるパターンです。


【3】「寂しかったから。」

気持ちを素直に伝えるパターンです。親密な関係の男性であれば、時間を取って話を聞いてくれるでしょう。なお、関係の浅い男性に対しては、男性が引いてしまう可能性があるので、注意が必要です。


【4】「ちょっと声が聞きたくなって。」

あえて「声」という言葉を投げかけることで、心理的な距離間を縮めることが可能となります。


【5】「いま仕事の帰りなの。」

自分の状況報告をするパターンです。仲の良い男性であれば、許される一言かもしれません。


【6】「いま何やっていたの?」

男性の状況を聞くパターンです。お互いよく電話する関係であれば、このような言葉も受け入れてもらえるのではないでしょうか?


【7】「私から電話あって嬉しいでしょ?」

冗談が通用する男性であれば、このような表現も可能となります。ただし、冗談の通じない相手に対しては、相手を怒らせるリスクがあるので注意しましょう。


用事がないときの電話では、初めにどのような言葉を投げかけているでしょうか。みなさんのご意見、お待ちしております。(山場ヤスヒロ)