付き合いが深まると、彼女の手料理をごちそうになる機会もあるはず。作ってくれた彼女に対して、感謝の気持ちを上手に表現することが大事です。そこで今回は、オトメスゴレン女性読者へのアンケートを参考に「彼女の手料理を食べたとき、控えた方がよい一言9パターン」をご紹介します。

【1】「意外と普通な味だね」と旨いとも不味いともいわない

「美味しいのか不味いのか、ハッキリいってくれないとわからない」(20代女性)など、彼女を困らせるパターンです。手料理は味の良し悪しよりも、気持ちに感謝することが大切。少々オーバーでも「すごく美味しい!!」と褒めるのが男性の優しさでしょう。


【2】「あんまりお腹すいてないんだよね」と全然ありがたがらない

「食欲がないなら、作る前にいって欲しい」(20代女性)など、彼女への配慮に欠ける一言です。女性は義務で料理を作ってくれるわけではありません。たとえ空腹ではないとしても、作ってもらった以上は完食するのがマナーといえそうです。


【3】「うちの母さんに習うといいよ」とおふくろの味と比べる

「お母さんと比べられるなら、二度と作りたくない」(20代女性)など、マザコンの可能性を疑われる危険な一言です。「おふくろの味」は誰にとっても特別なものですが、「母親の味と似てる」という肯定的な発言も、女性にとっては褒め言葉にはならないようです。


【4】「(品数が)これだけ?」と物足りなさを隠さない

「まず全部食べてからいって欲しい」(20代女性)など、食べる前からの批判は、彼女を怒らせる典型的パターンです。物足りない場合は、食べ終わった後で「もっと食べたいくらい美味しかった」といえば、彼女は喜んで追加の一皿を作ってくれるかもしれません。


【5】「不味くはないけど、なんか足りないような…」と遠回しにダメ出しする

「気を使ってハッキリいわない感じが逆にイヤ」(10代女性)など、遠回しなダメ出しはかえって女性の苛立ちを強めるようです。どうしても物足りないときは、彼女とデートで外食をした際に、「こういう味が好きなんだ」などと自分の好みを伝えるといいでしょう。


【6】「普通そういう風に作らないよね?」と調理手順にダメ出しする

「料理の作り方くらい、私のやり方に任せて欲しい」(10代女性)など、食べる前から批判的な態度をとることで、彼女の意欲を低下させるパターンです。どうしても手順が気になるなら、そもそも自分で作るべきといえるでしょう。


【7】「星2つだね」とグルメぶって微妙な評価をする

「プロの料理人と比較されても困るし腹が立つ」(20代女性)など、上から目線で評価することで、彼女を怒らせるパターンです。女性は客観的な評価ではなく、美味しいと感じたかどうかが聞きたいもの。自分の言葉で表現することが大切です。


【8】「調味料足していい?」と料理に味付けしなおす

「言葉ではなく、行動で『不味い』といわれた気分になる」(20代女性)というように、彼女に「自分の味付けが否定された」と感じさせるパターンです。出された料理は、そのまま食べるのが恋人同士の礼儀といえるでしょう。


【9】「……」と食べ終わっても無言を通す

「せめて何か一言いって欲しい」(10代女性)など、「無言」はもっとも彼女を不安にさせるパターンです。最低でも「美味しかったよ、ごちそうさま」の一言を伝えることで、彼女を安心させてあげることができるでしょう。


わざわざ料理を作ってくれた彼女に対しては、マナーを守った感想でお礼をいいたいものです。ほかにも「こんな言動が不評だった」というご意見があれば教えてください。皆さんからのご意見をお待ちしています。(呉 琢磨)