描いた絵を手に「学校に行くことだけが生きることじゃない」と語る大村さん=浜松市北区で


 夏休み明けの登校が始まる今は、いじめや学校での人間関係に悩む児童生徒には、とてもつらい時期。静岡県浜松市の大学生 大村真由帆(まゆほ)さん(22)も中学時代、いじめを受け不登校になった。それでも家で好きな絵を描き続け、くぐり抜けた。今は絵が仕事になり、自分が作ったキャラクター動画をウェブで配信するVチューバー(バーチャルユーチューバー)でもある。大村さんは、悩みを抱える後輩に呼び掛ける。「学校に行くだけが人生じゃない。再起のチャンスは何回でもある」

小5からいじめ 人が怖い…中1で不登校

 「来てくれて、ありがとう〜」。浴衣姿の8頭身の女性キャラクターが、スマートフォンの画面で動き、話す。キャラクターの姿を借り、話しているのは大村さんだ。毎日トークライブを開いており、次々と閲覧者がコメントを書き込む。季節の話から始まり、アニメや漫画の話題で盛り上がる。「見ている人をあだ名で呼ぶ。相手の言葉を細かく拾い、反応を返す。配信を始めてコミュニケーション力がめっちゃ上がった」と笑う。10年前には考えられなかった。

 いじめが始まったのは小学5年生。原因は、はっきり分からないが、机に落書きされたり、授業の話し合いで無視されたりした。親や担任に打ち明けても「気にしすぎ」と受け止めてもらえず人への不信感が強まった。人が怖くなり中学校でもつまずき、1年生の2学期から不登校となった。

1日1ページの達成感 転機になった手紙

 部屋にこもったが、4歳から小学6年生まで教室に通って習った絵を、上達させたい気持ちがあった。親に絵画の本を買ってもらい、パソコンを使い1日1ページずつ写した。絵を完成させる達成感が、学校に通えない自分を支えてくれた。

 転機は中学1年生の冬。母由実さん(56)が見学した不登校生が通う教室の生徒が、大村さん宛てに手紙をくれた。「待ってるよ」の文字を見て行くことにした。教室では卒業生が勉強を教えてくれ、通信制や定時制の高校に進学できることを伝えてくれた。「まだやり直しがきくんだ。先輩のように人に優しくなりたい」と思った。

人の気持ちを考えすぎる…「弱点は長所」

 中学を卒業し、通信制の高校に進んだ。今も通信制の大学で歴史を学んでいる。昨年末、友人から「動画で絵を配信したい。お金を払うので描いて」と注文があり、絵を仕事にした。4月に始めたVチューバーの活動も、閲覧登録者が400人を超えた。「私を待ってくれている」。自分を認められるようになった。イラストの注文も4件入った。

 由実さんは「人の気持ちを考えすぎる性格が、お客さんの要望をくみ取ることにつながっている。弱点は長所だった」と振り返る。

 大村さんはいじめに悩む子どもたちに語り掛ける。「生きるのは大変なこと。でも、そこを頑張れば必ず救いの手が差し伸べられる。その手をとれるように、ゆっくり生き続けて」

[元記事:中日新聞Web 2021年8月30日]