男女同じデザインの「ジェンダーレス水着」=フットマーク提供


墨田区のフットマークが開発

 学校の水泳授業向けに、男女同じデザインの「ジェンダーレス水着」を東京都墨田区の水泳・介護用品メーカー「フットマーク」が開発した。生まれた時の性別と自認する性が異なるトランスジェンダーの人への配慮のほか、「体形や肌を見せたくない」といった悩みにも応えるスクール水着として話題を集めている。


男女共通は業界初 ゆったりシルエット

 「ここまで反響があるとは予想外でした」。「男女共用セパレーツ水着」を開発した同社学校教育事業部の佐野玲子さん(43)はそう話す。

 同社によると男女共通の形はスクール水着業界で初。上半身はファスナーが付いた前開きの長袖。胸の部分にパッドを差し込めるポケットが付いている。ハーフパンツは二重で、内側はニット生地、外側ははっ水加工の織物を使用。体のラインが目立たないようお尻などはゆったりとしたシルエットになっている。全10サイズで、税込み6380〜6820円。

男女のデザインを同一にしたフットマークの「男女共用セパレーツ水着」


 開発の背景には、学校現場におけるジェンダーレス化の動きがある。「制服がスカートやスラックスを自由に選べたり、体操服が男女共通化したりする中で、スクール水着は性差があらわになるデザインが多い」と佐野さん。また、数年前からトランスジェンダーの生徒に対応した水着の相談が同社にも寄せられていた。

100校が「採用を検討」来年一般販売へ

 同社が2015年に実施した墨田区内の中学生との商品企画で、男子生徒がデザインしたのは、パンツが足首まで隠れるような長い形の水着。佐野さんは「体形や肌が見えてしまうのは恥ずかしい、という思いが男子にもあると知って驚いた」と明かす。

ジェンダーレス水着を開発したフットマークの佐野玲子さん=墨田区で


 今年は東京都、兵庫県の3つの中学校が男女共用水着を導入。6月以降、さまざまなメディアで取り上げられ、約100校から「採用を検討したい」などの声が届いているという。今年分は在庫がなく、来年に一般販売する予定だ。

 佐野さんは「アトピーや傷痕、体毛などさまざまな悩みで水着を着ることに抵抗がある人の役にも立てるはず。水泳の授業に楽しく前向きに参加できるよう、選択肢の一つに取り入れてもらえたら」と話している。問い合わせはフットマーク=電話0120(210)657=で受け付けている。

スクール水着40年の歴史 時代とともに露出減

 スクール水着は時代とともに肌の露出が少なくなってきた。44年前から製造を始めたフットマークの資料から、その変化がわかる。

 1970年代ごろから主流だったのは男子が「競泳型」、女子が「ワンピース型」と呼ばれ、太ももがあらわなデザイン。

太ももがあらわな男子の「競泳型」、女子の「ワンピース型」=フットマーク提供


 2000年代以降は、太ももまで隠れる「トランクス型」、上下が別の「セパレーツ型」が登場。紫外線対策などで長袖の「ラッシュガード」を着る生徒も増えているという。

太ももまで隠れる「トランクス型」と上下が別の「セパレーツ型」=フットマーク提供


 フットマークは1946(昭和21)年、赤ちゃんのおむつカバーの製造業として創業。3代目の磯部成文会長(80)は「介助」と「看護」を組み合わせた「介護」という言葉を発明し、84年に商標登録した。

 「ものづくりの第一歩は自分の周りに転がっている」が磯部会長のモットー。「スクール水着も現場に足を運んで生徒や先生、保護者の意見を聴きながら改良を重ねてきた。男女共用水着も、企画、創造を繰り返して今後もまだまだ変わっていくだろう」と語る。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2022年7月21日