中絶に対する配偶者の同意書



 予期せぬ妊娠で中絶をしようと決めた女性が直面する「壁」を、NHK総合「クローズアップ現代」(午後7時半)が9月7日に取り上げる。法的には必要がないのに産婦人科医師から求められることがある「配偶者同意」に苦しんだ女性の思い、医師が同意を必要とする背景などを深掘りする。板垣淑子チーフプロデューサーは「女性の自己決定権が置き去りにされる現状を知って」と呼びかける。

相手と別れ、中絶を決意したのに…

 母体保護法で、人工妊娠中絶は「配偶者の同意を得て行うことができる」とされているが、女性が結婚していない場合、夫からDVを受けている場合などは「同意は不要」と厚生労働省は通知している。しかし実際には、女性が医師から相手男性の同意を求められ、手術が遅れて母体に負担がかかったり、精神的に追い詰められたりするケースが起きている。

 番組では、相手に避妊を拒まれたため妊娠した女性を取材。相手とは別れて中絶を決意したが、医師から同意書を求められ、苦しんだ経験を明かす。

「訴訟リスク」避けたい医師の苦悩

 一方、医師に行ったアンケートでは、同意を求める理由は「母体保護法をそのように解釈している」が最も多く、「訴訟リスク」が続く。法が定める配偶者同意要件を撤廃すべきか否かは賛否が拮抗(きっこう)し、現場の医師の苦悩も浮かび上がる。

 取材のきっかけは、米国で半世紀ぶりに最高裁の判例が覆され、中絶を厳しく規制する州が増えたことという。板垣チーフプロデューサーは「日本では性教育も不足しており、避妊や生理などについて今後も放送していきたい」と話している。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2022年9月3日