1月23日、日本サーフィン連盟(NSA)は、2020年3月のサーフィン強化合宿の日程変更を発表した。予定されていた3月25日〜26日から1日繰り下げで、3月26日〜27日の実施となる。開催場所は、当初通り鴨川となる見込み。

■2020年3月サーフィン強化選手合宿
【変更前】2020年3月25日(水)〜26日(木)
【変更後】2020年3月26日(木)〜27日(金)

この強化合宿は、前年の各リーグでの成績をもとに選出された上記強化指定選手に、ジュニア強化指定選手を加えた約80名を対象に実施され、若手の選手も多く参加する。

今回の変更に関して、NSA担当者は「出来る限り学業に支障を出さないための変更。より多くの選手に学校の終業式に参加してほしい。」と説明した。

この合宿参加者の中から、4月に行われる『第2回 ジャパンオープンオブサーフィン』に出場する選手を選出する。一部のシード選手を除き、この強化合宿に参加しなければジャパンオープンに出場することはできない。

ジャパンオープンで男女首位となった選手は、五輪出場選考大会である『2020 ISAワールドサーフィンゲームス(5月・エルサルバドル開催)』に日本代表として出場することになる。

(THE SURF NEWS編集部)