サーフィンの日本一を決定する祭典『第2回ジャパンオープンオブサーフィン』を、2020年4月19日(日)から22日(水)までの4日間にわたり、千葉県一宮町一宮海岸にて開催することを、5日、大会実行委員会が発表した。

本大会は、日本サーフィン連盟(NSA)が主催し、日本プロサーフィン連盟(JPSA)およびWorld Surf League Japan(WSL Japan)の協力のもと実行委員会を組織され、各リーグに属する選手が一同に介しサーフィンの日本一を決定する大会。2019年5月に初開催され、今年は2回目。

主に強化合宿に参加する選手の中から男女各24名が選出され、本大会の優勝者は、2020年東京五輪サーフィン競技の最終選考大会である『2020 ISAワールドサーフィンゲームス(5月・エルサルバドル開催)』に日本代表“波乗りジャパン”として出場することになる。

WSGには既に五十嵐カノア、村上舜、都筑有夢路、松田詩野が出場を決めており、その前段のジャパンオープンでは五輪出場の最後の可能性を懸け、国内トップの選手達が熾烈な争いを繰り広げることが予想される。

第2回ジャパンオープンオブサーフィン 開催概要

大会名称:第2回ジャパンオープンオブサーフィン
     (英名:THE 2nd JAPAN OPEN OF SURFING)

開催期間:2020年4月19日(日) 〜22日(水)=4日間= ※男子は、21日(火)から競技開始
大会会場:千葉県一宮町 一宮海岸
出場選手:男子24名・女子24名

主催:一般社団法人 日本サーフィン連盟(NSA)
主管:ジャパンオープンオブサーフィン実行委員会
協賛:アース製薬株式会社、株式会社マツモトキヨシ、エイベックス株式会社、株式会社乃村工藝社、朝日新聞社、デイリースポーツ
協力:株式会社ハンディ、株式会社エイ出版社

大会公式ホームページ: https://japanopenofsurfing.jp

2020 ISAワールドサーフィンゲームス

開催地:エルサルバドル
開催期間:2020年5月9日〜17日
日本代表選手:(男子)五十嵐カノア、村上舜 (女子)都筑有夢路、松田詩野
詳細:https://www.surfnews.jp/news_topics/28868/

『第2回ジャパンオープンオブサーフィン』開催延期

五輪選考大会『2020 ISAワールドサーフィンゲームス』は中米・エルサルバドルで開催

2020年東京五輪にむけ、波乗りジャパンの国内代表選考イベントを発表

(THE SURF NEWS編集部)