WSLの大改革によるCS(チャレンジャー・シリーズ)の仕組みから例年よりも多国籍の選手が揃った2022年CTルーキー。

その中でもCS最終戦『Haleiwa Challenger』で5xワールドチャンピオンのカリッサ・ムーア(HAW)などを倒して優勝したハワイのオアフ島育ち、“サクラ” ことベティルー・サクラ・ジョンソンは、日本人とのハーフということもあり注目したい選手だ。

今回はそのサクラのプロフィールを紹介する。

▼目次
1.基本プロフィール
2.主な戦歴
3.スポンサー・所属

1. 基本プロフィール

名前:ベティルー・サクラ・ジョンソン
Bettylou Sakura Johnson
生年月日:2005年3月22日(16歳)
・公式Instagram
@bettylou.sakura.johnson

ハワイのオアフ島、ノースショアで生まれ育つ。
母親の名前はシノブさん。
サーフィンを始めたのは6〜7歳の時、並行して3歳から13歳までは新体操の選手として試合にも出場していた。
ベティルーという名前は父親の曽祖父さんと同じで、ミドルネームを日本人、生まれた春などを理由に呼びやすいサクラにしたそうだ。
ニックネームもサクラ。

(母のシノブさんとサクラ)
PHOTO:© WSL/Poullenot

2. 主な戦歴

(パワフルかつスタイリッシュなサーフィンが武器)
PHOTO:© WSL/Poullenot

・2019年

サクラがコンテストの世界で注目され始めたのは2019年にカリフォルニアのハンティントンビーチで開催された『2019年ISA世界ジュニアサーフィン選手権』だろう。
このビッグイベントで16歳以下のガールズ、ハワイ代表として出場したサクラは3位で銅メダルを獲得する。

更に同年にテキサスのBSRサーフリゾートで開催された『Rip Curl Grom Search』の16歳以下で優勝する。

15歳の時に撮影された映像

・2020年

2020年、パンデミックでWSLイベントがキャンセルになる直前、タヒチで開催されたジュニア、QS1,000でダブル優勝。
また、2020年のオンラインコンテスト『Queen in Me』ではバレル、パワーターン、フィンフリーと彼女のスタイルを発揮した映像で見事優勝した。

コロナ禍でコンテストが全てキャンセルされた後はインドネシアのバリ島、メンタワイなどのビッグウェーブでスキルを磨き、2020年12月には15歳にして2021年CT開幕戦『マウイプロ』のワイルドカードを与えられ、ロス・ウィリアムスのコーチの元で9位に入った。

・2021年

2021年、CSをフルに回ったサクラはカリフォルニアの開幕戦で5位、ポルトガルの第2戦で5位に入る。
フランスでは49位になったものの、最終戦のハワイではホームのハレイワで5xワールドチャンピオンのカリッサ・ムーア(HAW)などを倒して優勝を果たし、CSランキング3位に浮上。
2022年CTクオリファイを決めた。

ちなみに『2019年ISA世界ジュニアサーフィン選手権』の当時のライバル、ケイトリン・シマーズ(USA)、同イベントの18歳以下ガールズで金メダルを獲得したハワイのガブリエラ・ブライアンも2022年CTルーキーとしてデビューする。
更に17歳のハワイアン、ルアーナ・シルヴァもツアー入りを決めるなど2022年のCTは若返りのシーズンになる。

3. スポンサー・所属

PHOTO:© WSL/Poullenot

・ROXY
・Slater Designs
・Monster Energy
・FCS
・Vertra
・Banzai Bowls
・Wasserman Media Group

(空海)