アクティブライフスタイルのリーディングブランドROXYが、2022年8月より、田岡なつみをROXYアスリートチームの一員として迎えたことを発表。

田岡なつみは、8月3日よりカリフォルニア・ハンティントンビーチで開催されるロングボードツアー第2戦『VANS Duct Tape Invitational』にアジア代表のひとりとして参戦。ROXYアスリートとして世界の頂点を目指す。

ROXYは、千葉県出身の田岡なつみが世界的な選手率いるブランドチームに加わったことを誇りに思います。WLT(ワールド・ロングボード・ツアー)で活躍している彼女は、5大陸100人以上が所属するROXYアスリートチームに加わりました。

ROXY

FACING CHALLENGE HEAD ON

1994年生まれの田岡なつみは、水泳や陸上競技をしながらサーフィンも両親の影響で12歳から始める。2010年15歳の時にROXYが主催する国内最大級のレディースアマチュアサーフィン大会『ROXY CHALLENGE 2010 supported by SURFER GiRLS』に出場し優勝。さらに2011年にはJPSA第1戦鉾田プロ でプロ資格を取得し優勝。2017年、2018年、2021年とJPSA年間グランドチャンピオンに輝き、WLTのチャンピオンを目指し世界へ挑戦している。小さい頃から夢であった世界チャンピオン。WSLの試合に17歳から参戦して経験と比例して年々順位を上げ現在に至る。

今まではロングボード最高峰のWLTに出場することが精一杯でなかなかラウンドアップできませんでしたが、去年2021年は自己ベストの世界ランキング7位を獲得し、シード権を手に入れることができました。そして今年は1戦目を終えて現在ランキング5位になります。いまだ、日本人ロングボーダーで世界チャンピオンをとった人がいないので、日本人初のロングボード世界チャンピオンを目指します。

田岡なつみ

FOR WOMEN’S SURFING

田岡なつみは、7x世界チャンピオンのStephanie Gilmore、4x世界チャンピオンのLisa Andersen、2x世界チャンピオンのKelia Moniz、オリンピアンのCaroline Marks 、世界で活躍するロングボーダーChloe Calmon、Kelis Kaleopa’aなどの国際的な女性サーファーとロングボーダーのチームの一員として今後活動していく。

本当に嬉しいです。小さい頃からロキシーは憧れのブランドでした。サーフィンをはじめたときからケリアのサーフィンが憧れで何回も動画をみて勉強していました。ショートボードを乗り始めたのもケリアがロングとショートを上手に乗りこなしているのを見たからです。みんなの憧れるステキなサーファーのチームに加われたことはとても嬉しく、誇りに思います。私もみんなに憧れてもらえるようなサーファーを目指し、ロングボードの楽しさを伝えていきたいと思います。

田岡なつみ

ROXYについて

ビーチカルチャーとアクティブライフスタイルを愛する女性のためのブランドROXY。 カリフォルニアを中心に、アクティブなライフスタイルを愛する女の子たちから「女の子のためのビーチウェアが欲しい」という声が高まり、1990年に誕生。世界トップクラスのライダーが体現する女性アスリートとしての一面と、フェミニンなファッション性を融合したスタイルを同時に提案するROXYは、ビーチからタウン、そしてスノーシーンまでそのフィールドを拡大。現在は様々なスポーツをサポートするSPORTSラインへと展開を広げている。
詳しくは、https://www.roxy.jp/