今年12月10日、1日限りのQS 1,000イベント「Rip Curl Pro URBNSURF presented by Pirate Life」がオーストラリア・ビクトリア州メルボルンのウェーブプール「URBNSURF」で開催されることになった。

イベントの実現は、リージョナルレベルのプロジュニア、クオリファイングシリーズ、ロングボード・ティアに渡り、人工波ベースのイベント開催の許可を受けてのもの。

WSL史上初、Wavegarden社のCoveテクノロジーを使用したイベントとなり、オーストラリア/オセアニア地域のメンズ・ウィメンズ40名ずつがレフトとライトの波で競う。地元のサーファーで最近Phillip Island Pro QS1,000で優勝したタリー・ワイリーやエリー・ハリソンも出場予定。

Photo: WSL / URBNSURF

イベント当日は午前10時にスタートし、18時には決勝が終了。一般入場チケットは10ドルで、大会を観戦したり、アコースティックライブを聴いたり、公園で行われる様々なアクティビティを終日楽しむことができる。

また、本イベントの様子は、Surfing Victoria、Surfing Australia、WSLが協力し、WorldSurfLeague.com、WSLのYouTubeチャンネル、WSLアプリで生放送、ストリーミング配信される予定だ。

URBNSURFメルボルンはオーストラリア初のサーフパークで、都心からわずか23分、空港からすぐのタラマリンにある。ビギナーからエキスパートまで波の種類も多く料金もリーズナブルで、今年5月にはベルズでのCT第4戦に合わせてCT選手を招いたセッションも行われた。

ベラ・ウィルソン Photo: WSL / MATT DUNBAR

URBNSURFで開催されるWSLイベントで、QSポイント獲得のために戦うことになって、とても興奮しています。
私は、幸運にもこのラグーンで開催される最初のイベントに参加することができ、これが選手や観客にとってどれだけ壮大な体験になるかを知っています。
この大会は、その意義からオーストラリア中のベストサーファーが集まることは間違いないですが、私達はサーフィン・ビクトリアで多くのトレーニングをしているので、ビクトリア州民がホームフィールドとして優位に立つことができると思っています。

タリー・ワイリー

8月のWinter Jamで世界初のイベントをここで開催し、今回はオーストラリア初となるサーフパークでのWSL QSイベント開催ができ、URBNSURFの素晴らしい夏の幕開けにふさわしいタイミングとなるでしょう。
私たちは、Rip Curl Pro QS1,000のような大きなイベントを開催するために、独自のWavegardenテクノロジー、オープンスペースとアンダーカバースペース、素晴らしいスタッフチームを持っているパークを持つことができて本当に幸運です。
地元で育った最高のサーファーたちを地域から迎え、完璧な波を提供し、このスポーツとサーフィンのライフスタイルのファンたちと祝杯を挙げるのが待ちきれません。

URBNSURF CEO デイモン・チューダー

WSLは、URBNSURFメルボルンと協力して、会員とファンのためにこのQS1,000イベントを提供できることを非常にうれしく思っています。
この施設はユニークで、1日のフォーマットでQS1,000を開催する素晴らしい機会を提供しています。
ウェーブプール技術で開催される最初のWSL公式QSなので、このようなユニークな環境とウェーブで、どのようにイベントが開催できるのか、非常に興味深いです。

WSL APAC President アンドリュー・スターク

URBNSURF
https://urbnsurf.com/

(THE SURF NEWS編集部)

豪ウェイブプール「URBNSURF」でケリーやフィリッペ等のCT選手が大セッション!

オーストラリア初のモダンウェイブプールが一般公開!URBNSURFの評判や料金体系