日本サーフィン連盟(NSA)は、同連盟が定める「強化指定選手」の2023年選考基準を発表。また、パリオリンピック(タヒチ)のメダル獲得を目指し、その選考大会の出場者を選抜する「2024パリ大会 特定強化指定選手」の選考基準も発表した。

パリオリンピック出場を目指す選手は、まず「2024パリ大会 特定強化指定選手」の選考条件を満たし、五輪選考大会となるWSG(ワールドサーフィンゲームス)の出場および入賞を目指すこととなる。

強化指定選手とは

2024年、2028年のオリンピックのメダル獲得を目標に、ISA世界大会やWSLなど国内・国外で活躍が期待できる日本人選手を選抜するもの(競技力向上と共に、人間力の向上も育成する事を前提)。
また、強化指定選手の選考基準は、1番にオリンピック出場選手の最終選考と、それに対する育成が目的。

オリンピック終了後の翌年は選手枠が拡大され、次期オリンピックに向けて毎年縮小を行い、オリンピック選手の最終選考を目指す。

※22年〜24年の強化指定選手、2024パリ大会特定強化指定選手の選考は、タヒチの波へ適合性のある選手を特別選考枠として追加する場合がある。
※2028年ロスオリンピックに向けた選手育成も同軸で行い、2028年の年齢に適したジュニア選手育成のための選考枠を拡大する場合がある。

2024パリ大会特定強化指定選手とは

2024年パリオリンピック会場のタヒチは巨大な波が立つ会場のため、その波に対応出来る選手を絞り、オリンピック選考大会となるWSGや、2024パリ大会に向けた特定の強化を行う。

この特定強化指定選手は、2022年強化指定選手、2023年強化指定選手、および2022年特定強化指定選手の中から、選考基準を満たした20名(男子10名、女子10名)を選考する(※下記参照)

2024年パリオリンピックのクオリファイプロセスが決定!

2023 強化指定選手、ジュニア強化指定選手の選考基準

◆シニア枠
① NSA メンクラス・ウィメンクラスランキング上位 2 名
② WSL 2022 アジア日本人ワールドランキング上位 8 名(男女)
※ 但し、日本国籍を有し、NSA 及び JOC の規定に準じる WSL-CT 選手は強化指定選手としていつでも追加し選抜することができる。
③ JPSA 日本ランキング上位 4 名(男女)
④ 強化部推薦 2024オリンピック パリ大会(タヒチ)の波に適した選手
⑤ 2020 東京オリンピック出場選手
※ISA世界選手権代表はナショナルチーム期間として登録年(参加年)より2年間、強化指定選手として更新することができる。

◆ジュニア枠 – U18・U18G・U16・U16G
① NSA ジュニアクラスランキング上位 8 名
② NSA ボーイズクラスランキング上位 8 名
③ NSA キッズクラスランキング上位 8 名
④ NSA ガールズクラスランキング上位 8 名
⑤ 強化部推薦 2024・28 オリンピック パリフランス大会(タヒチ)・ロス大会の波に適した選手
⑥ 強化部推薦 U16 の選手で海外またはプロで活躍する選手を選考することができる。

※各ジュニア以下のクラスで対象年齢者が 8 名以下の場合、NSAランキングより翌年のU18・U16対象クラスに分け計8名をランキングより追加選抜する場合がある。
※ISA世界ジュニア選手権代表・補欠選手はナショナルチーム育成期間として登録年(参加年)より2年間を強化指定選手として更新する。

その他、ジュニア・ガールズクラスの強化指定選手選考者で、シニアクラスに上がる選手はシニアクラスの強化指定選手となる。

2024パリ大会特定強化指定選手 選考基準

① 2022強化指定選手、2023強化指定選手、2022特定強化指定選手より選考(男子10名女子10名の最大20名)
② 日本国籍を有しNSA及びJOCの規定に準じるWSL-CT選手
③ 過去3年間のWSL-CT、WSL-CSの中でタヒチ、ハワイなどのレフトのチューブ波の実績がある選手
④ 2022強化指定選手、2022特定強化指定選手、2023強化指定選手の中で、2022年11月1日〜2023年5月31日までの期間に撮影したタヒチ(チョープーのみ)またはハワイ(パイプラインなど)の男子6ft、女子4ft以上のレフトのチューブ波の映像を提出し、強化本部並びにNSA理事会にて承認された選手

※対象強化選手の中からタヒチに適した技能を持つ選手に関しては、上記以外のを選考することができる。
※特例を除き、2023、2024のWSGに出場する選手は、2024パリ大会特定強化指定選手の中から選考する。
※怪我等やむを得ない事情により動画を提出できない選手は、強化部に一方入れること)
※動画を提出する選手は、撮影場所でのトラブルに際してNSAは紛争解決や責任を負うものではない旨、了承すること。

画像:NSA

日本サーフィン連盟
https://www.nsa-surf.org/

(THE SURF NEWS編集部)

「五十嵐カノアを中心としたチームビルディング」波乗りジャパンコーチ陣が帰国し、今大会を総括

NSA記者会見:2022年WSG日本代表選考と、パリオリンピックに向けた取り組み