東京都品川区・大井町の閉店から約1年。茨城県境町へ移転準備をしていたcitywaveの開業日がついに決定。
年明け1/4より段階的に営業をスタートし、来年春にグランドオープンを迎える。

2018年に大井町に開業したcitywave Tokyoは、“都会のど真ん中でサーフィンができる施設” として注目を集め、多くのファンを獲得。

昨年8月に同施設を含む「スポル品川大井町」の閉園に伴い、citywaveは茨城県境町への移転準備を進めていたが、コロナ禍の影響による工事の遅延が続き、日程の延期を余儀なくされていた。

しかしついに移転工事が最終段階となり、2023年4月下旬にグランドオープンが決定。

また、1/4(水)以降は「冬季営業期間」とし、週末および貸し切り利用のみ営業をスタート。
セッション予約は12/1(木)より公式サイトで受付を開始する予定だ。

完成予想図 Photo: citywave

また、これまで1セッション50分だったところ、境町での営業では1セッション100分に拡大されるなど、いくつかの変更点もあり。
その他詳細は、citywave公式サイトやSNSをチェックしてほしい。

予約開始日

12/1(木)am10:00より、公式ホームページより予約可能。
citywave tokyo
https://citywave-tokyo.jp/

冬季営業について

4月下旬までの「冬季営業期間」は、基本的に週末(土曜、日曜、祝日)のみの営業
※年始1/4(火)〜1/9(月)は通常営業予定。
※貸切予約は平日も可能。

セッション料金/時間変更について

以前までは1セッション50分だったが、境町店では100分に変更。
1セッション100分/¥10,780(税込)
※最大人数は、初級12名。中級・上級は10名迄。

貸切セッションについて

貸切セッション可能日は、水、木、金曜日。
※通常セッションと同様、以前は50分だったが、境町店では100分に変更。
※土日祝日の貸切セッションは、予約が入っていない時間帯のみ可能。

アクセス情報

車でアクセスの場合は、圏央道境古河ICより3分。施設内に専用駐車場あり。

公共交通機関を利用しての来場方法は以下3つ。

1.東京駅より高速バスを利用
東京駅から施設に隣接する境町高速バスターミナルまで90分。
詳細:https://www.town.ibaraki-sakai.lg.jp/page/page002622.html

2.東武動物公園駅よりバスを利用
東京スカイツリーライン東武動物公園駅東口より公共バス「境車庫行き」乗車。境車庫バス停まで約40分。その後徒歩15分。

3.JR古河駅よりバスを利用
JR古河駅西口より公共バス「境車庫行き」で境車庫バス停まで約40分。その後徒歩15分。

(THE SURF NEWS編集部)

citywave Tokyoが8/31に閉園、2022年春に茨城県境町へ移転

一般サーファーの感想は? 品川大井町の人工サーフィン施設「citywave Tokyo」利用者レビュー