辞意を表明した静岡・川勝平太 知事(4月2日)

静岡県の川勝平太 知事が2日に突如辞意を表明してから一夜が明けた。リニア中央新幹線に関わる問題に関係する自治体や県内の政令指定都市のトップからは様々な声が聞かれる。


愛知県・大村秀章 知事


入庁式での川勝知事の発言が事実であるとすれば許されないことだと思う。それがまず第一点。そのあと会見で「6月議会をもって辞職する」と表明したと聞いて正直驚いた。これについては、選挙で選ばれる政治家の出処進退は本人の説明責任をあわせて政治家自らが判断することだと思う。差別とも受け取られるような発言を公職者がすることはあってはならない。

(リニア中央新幹線については)静岡工区の1日でも早い着工、そして東京・名古屋間の整備実現開業に結び付けてほしい。


島田市・染谷絹代 市長


トップに立つ者の孤独、そして苦労というのは、その立場に立ったものでなければわからないものがある。リニアに関することで言えば、知事の辞意表明というのは1つのターニングポイント、大きな分岐点になるかなと思っている。本来あるべき水資源の問題や環境の本筋から離れた様々な課題で静岡県はいろいろとにぎわせてきたが、これでしっかりと本来あるべき議論に戻る1つのきっかけになればありがたい。


浜松市・中野祐介 市長


突然の話であり、大変驚いているというのが正直なところ。ただ、私も報道でしか知事の発言を見聞きしておらず、発言自体も6月で職を辞すると言って、すぐ会見が打ち切りになったようなので、詳しくここに至った経緯や思い、そういったものについてどこかで説明する機会に期待したい。

静岡県の顔として職責を果たされてきたという気はしているが、ただ、静岡県の顔としての知事の在り方ややり方がすべていい方向に出ていたかというと、必ずしもそうではない。悪い意味での静岡県の顔という部分も残念ながらあったのかなという気はしている。


静岡市・難波喬司 市長


発言自体は極めて不適切。あり得ないレベルだと思う。そして、きのう(2日)それが問題ではないような認識をしているような発言があったので、それはまた極めて不適切。あの発言を適切ではないとは思わないことに大きな問題がある。二重の意味で大きな問題だと思っている。

発言の全文を聞いてみると切り取りも何もなく、関連付けられてるわけなので、不適切というかあり得ない。切り取って報道したわけではなく、発言そのものだと思う。

全国的にはリニアの問題が注目されているが、静岡県民・静岡市民にとってリニアはその中の1つで、いろいろな課題が山積してる。それについて県も市も連携して解決に向かって進んでいるわけなので、影響が出ないようにするというのは極めて大事。