(株)東京カンテイは1月7日、2015年12月の「新築一戸建て住宅平均価格」月別推移を発表した。調査対象は敷地面積100〜300平米。最寄り駅からの所要時間が徒歩30分以内かバス20分以内。木造、土地・建物ともに所有権の物件。

それによると、12月の首都圏新築一戸建ての平均価格は、前月比+0.2%で3,389万円。9月以降は横ばいで推移している。東京都の平均価格は+1.1%の4,426万円で反転上昇。神奈川県でも+1.3%の3,755万円に上昇。千葉県は±0.0%の2,782万円と横ばい。埼玉県は−1.7%の2,981万円と3ヵ月ぶりに下落した。12月の供給戸数は増加傾向が顕著で、首都圏は前月比+21.0%、特に千葉県では35.6%増加した。

近畿圏の平均価格は前月比−1.4%の2,947万円と下落。府県別では、大阪府は−1.8%の3,123万円と反転下落。兵庫県は−1.2%の2,863万円と4ヵ月連続で下落と弱含んでいる。京都府は−3.2%の3,306万円。近畿圏は全面的に下落傾向となった。

愛知県では−3.7%の3,095万円と反転下落。中部圏全体でも−1.6%の2,902万円で再び下落。分譲戸数は首都圏、近畿圏と異なり前月比で減少し、愛知県は−2.7%、中部圏全体では−3.2%となった。福岡県においては+1.8%の2,514万円と上昇。3ヵ月ぶりに2,500万円を超えた。

ニュース情報元:(株)東京カンテイ

元画像url

SUUMO ニュース