(株)マンションマーケットは、同社運営サイト「マンションサプリ」にて、30代〜50代の男性を対象に家選びのポイントについてアンケートを実施した。調査時期は2017年6月20日〜2017年6月28日。調査方法はインターネット。有効回答数は323名。
住まいを選ぶ際の重視ポイント。画像:マンションマーケット

住まいを選ぶ際の重視ポイント。画像:マンションマーケット


30代〜50代男性の家選びの際の最重要ポイント第1位は「最寄り駅からの所要時間」で19.4%。第2位は18.3%で「価格」だった。第3位には全体の17.0%を占める「通勤・通学手段や所要時間」がランクイン。働き盛りの世代ということも関係してか、利便性を重視する声が多く挙がっている。第1位から第3位のランキングは僅差となっており、第4位「周辺施設」(9.5%)以降に大きく差をつける結果となった。
年収と家選びの重要ポイント。画像:マンションマーケット

年収と家選びの重要ポイント。画像:マンションマーケット


年収と家選びの重要ポイントでは、年収200万円未満〜600万円未満のグループまでは、家選びの最重要ポイントとして「価格」を選んだ人の割合が最も多かった。しかし、年収があがるにつれ、「価格」が最重要ポイントだと回答する人の割合は減少。

年収200万円未満では38.5%の人が「価格」を家選びの際の最重要ポイントだと回答したのに対し、年収400万円以上600万円未満では26.8%と10%以上の差が出る結果となった。年収600万円以上のグループになると、価格ではなく「最寄り駅からの所要時間」や「通勤・通学手段や所要時間」といった利便性を最重要ポイントだと回答する人の割合が多くを占めている。

ニュース情報元:(株)マンションマーケット

元画像url

SUUMO ニュース