(株)アルコム(福岡県福岡市)は、全国の20代〜40代の女性を対象に「夏と犯罪に関するアンケート調査」を実施した。調査方法はインターネット。調査期間は2017年5月29日(月)〜5月30日(火)。回答数は551名。警察庁によると(警察庁「住まいる防犯110番」より)、2015年の「侵入窃盗」犯の侵入経路は、一戸建て住宅、3階建て以下の共同住宅でともに「窓」が第1位。4階建て以上の共同住宅でも、窓からの侵入は2位となっている。

今回の調査では、節電や体調管理のために夏の夜はエアコンを切って「窓を開けたまま就寝することがよくある」という人の割合は26.5%だった。「時々ある」の27.0%と合わせると、半数以上にのぼる53.5%もの人が窓を開けたまま就寝することが分かった。

一方、窓を開けたまま就寝することが「あまりない」人は13.4%で、回答数が全体で最も多かったのが「全くない」と答えた33.0%。「全くない」と答えた人の割合を住居形態別で見てみると、「賃貸の一戸建て」に暮らす人が断トツの46.4%。次いで「賃貸の集合住宅」で暮らす人が37.1%。「持ち家の一戸建て」に暮らす人は29.9%。「持ち家の集合住宅」が28.9%。持ち家には安心感があるのか、賃貸で暮らす人との差が開く結果となっている。

ニュース情報元:(株)アルコム

元画像url

SUUMO ニュース