(株)東京カンテイはこのほど、首都圏における「一戸建て住宅用土地の流通価格動向調査 2017」を発表した。2016年7月〜2017年6月の住宅地実勢地価から駅ごとの最新地価動向を検証したもの。それによると、2016年7月〜2017年6月に土地の売流通事例が10件以上発生した調査対象1102駅の平均坪単価は115.3万円で、前年(2015年7月〜2016年6月)の113.6万円から1.5%上昇した。坪単価200万円以上の駅はほとんどが東京23区内に分布し、東京都下では「吉祥寺」1駅のみ、神奈川県は「武蔵小杉」「新丸子」「高津」」「元町・中華街」の4駅だけで、埼玉県・千葉県には1駅も存在しなかった。

坪単価帯別の変動率ランキングでは、坪単価100万円以上ではJR南武線の「武蔵中原」が+25.1%上昇(152.3万円→190.5万円)と最も高い。マンションメインの再開発駅「武蔵小杉」の隣接駅で川崎や横浜へのアクセスが良好なだけでなく、「武蔵小杉」経由で都心部にも出られる立地が評価されたと見られる。

坪単価70万円以上100万円未満の坪単価帯では、JR常磐線の「金町」が+32.2%上昇(54.8万円→72.4万円)と最も高く、4位の「見沼代親水公園」の+18.4%上昇と同様に比較的都心部へのアクセスが良好だが、元々地価が安い過小評価されていたエリアの上昇が目立っている。

ニュース情報元:(株)東京カンテイ

元画像url

SUUMO ニュース