(株)東京カンテイはこのほど、中部圏における「一戸建て住宅用土地の流通価格動向調査 2017」を発表した。2016年7月〜2017年6月の住宅地実勢地価から駅ごとの最新地価動向を検証したもの。それによると、2016年7月〜2017年6月に土地の売流通事例が10件以上発生した調査対象715駅の平均坪単価は32.4万円で、前年(2015年7月〜2016年6月)の32.5万円から−0.3%下落した。一昨年(2014年7月〜2015年6月)では31.7万円となっており、前年からの上昇率が+2.5%だったことから見ると、土地の流通価格は下落傾向に転じている。

各坪単価帯別の変動率ランキングを見ると、坪単価60万円以上では名古屋市営地下鉄桜通線の「中村区役所」が+25.2%上昇(64.4万円→80.7万円)と最も高い。2位は鶴舞線「浄心」の+20.9%(72.4万円→87.5万円)、3位は桜通線「桜山」の+18.3%(89.6万円→106.0万円)と続く。

坪単価30万円以上60万円未満の坪単価帯では、近鉄名古屋線の「近鉄四日市」が+43.8%上昇(27.5万円→39.6万円)と最も高い。次いで2位は名鉄西尾線「西尾」が+26.0%(26.0万円→32.7万円)、3位はJR中央線の「神領」が+25.0%(37.0万円→46.3万円)と続く。

ニュース情報元:(株)東京カンテイ

元画像url

SUUMO ニュース