「お助けボード」。画像:フューチャープロセス

(株)フューチャープロセス(長野県長野市)は、離れて暮らす世帯間で見守りができる「お助けボード」を、7月20日(月)より提供開始する。総務省「平成25年度情報通信白書」によると、携帯電話、スマートフォンは、60歳以上の高齢者でも32.2%にまで普及しているが、高齢者はメールより電話を使う傾向にあるという。

「お助けボード」は、親夫婦だけの世帯から、キーボード1発で、子世帯に緊急連絡、生活状況を通知できるサービス。親世帯は昔から慣れ親しんだ大きなボタン(3cm×3cm)を押すだけで、予め子世帯が設定した送り先にメッセージやメールを送ることができる。また、緊急時はボタンの同時押しをすることで、音声も同時に送れる仕組みを搭載している。

平常時には、癒しのフォトフレームとして活用することもできる。写真は子世帯の設定画面からいつでも最新の写真をアップロードできる。サービス価格は、スタンダードセット(ソフトウェア、専用キーボード)で初期費用16,200円(税込)、月額費用2,678円(税込)。

■ニュースリンク先
https://www.value-press.com/pressrelease/145156 元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2015/07/47ade4962f0bfad1cb30c85e678c93fe.jpg

SUUMO ニュース