光学ストレージ技術による、高拡張性、低コストで長寿な次世代ストレージFolio Photonics

Folio Photonics
CEO  Steven Santamaria 光学ストレージ技術による、高拡張性、低コストで長寿な次世代ストレージFolio Photonics

Folio Photonicsは、ケース・ウェスタン・リザーブ大学のCenter for Layered Polymeric Systemsからスピンオフし設立された。同大学教授Kenneth D. Singer博士が開発した多層フィルムを使い、16層で10TBまで容量を拡大できる次世代ストレージDataFilm Disc™を開発した同社は、その商業化に向けパートナーを求めている。今回はCEOのSteven Santamaria氏に話を聞いた。

コールドデータのストレージ問題を解決

―最初に、Folioのフィルムを使った「DataFilm Disc™」について教えてください。

 従来の主要ストレージ媒体には、フラッシュメモリ、回転式HHD、磁気テープの3つがあります。例えば、データを保存した最初の30日間はアクセス頻度も高く、高速アクセスが求められるため、フラッシュメモリベースのストレージが使われます。時間が経つにつれ、データは使われなくなりアーカイブに移動されます。ストレージコスト削減のため、アーカイブデータは高コストなフラッシュメモリではなく、階層を下げたHHDまたは磁気テープに移動されます。当社の「DataFilm Disc™」は、こうしたコールドデータのストレージに適しています。

 SNSなどの個人的なデータからMRIなど医療系のデータなど、様々なデータが生成され長期保存や永久保存が求められている世の中で、コールドデータのストレージは急成長している分野でもあります。2009年の世界中のデータは1ZB(ゼタバイト)未満でした。現在は25ZBあると言われ、2025年までに175ZBになると予測されています。ZBは1兆GBです。この膨大なデータの管理コストの削減や、必要な時に早く取り出せる管理方法など、ストレージ分野は、多くの課題に直面しています。

―どういった面で既存媒体と違うのでしょうか。

 コールドデータのストレージ用なので、フラッシュメモリとは競合しません。フラッシュメモリ以外のストレージ媒体と比べて、大容量で拡張性も高く、データをランダムに取り出すことも可能です。加えて、湿気や温度など保管環境に影響されず、長寿命なため、媒体コスト、電力コストやデータ移行コストが低く抑えられます。

 当社のフィルムはクッション材と蛍光体材料が埋め込まれ、ディスクごとにラミネーションを一回行うだけで、レーザー光を使える16の層を作ります。Folioの多層光ディスクの最大容量は10TBで、これを1GB程度の既存媒体価格以下の価格で提供が可能ですので、大きなビジネスチャンスがあると考えています。商業化できれば、既存のストレージ媒体業界に価格破壊をもたらすことになるでしょう。

商業化に向けパートナー求む

―自社で商業化を進めるのですか。

 研究開発が終わり、実証実験も済んでいますが、自社での製品化や商業化は考えていません。Folioの技術でストレージ業界に革命を起こせるパートナー企業を探し、ストレージ企業やハードウェアメーカーと業務提携の可能性を探しているところです。
業務提携の形態としてはOEMを考えています。

 例えば、既存のブルーレイ製造工程の9割を再利用しながらFolioの技術を加え、16層の光学ディスクを作ることが可能です。

―パートナーは日本企業も対象にしていますか。

 もちろん日本企業とのパートナーシップを視野にいれています。アジア、特に日本が光学技術の最先端ですし、大手企業が集まっています。実際、私はパートナーを探すため定期的に日本や台湾を訪れています。