NHK広島制作の ヒロシマ8.6ドラマ「ふたりのキャンバス」が、2017年8月1日に中国地方先行放送、続いて8月5日に全国放送されます。

ふたりのキャンバスは、広島市立基町高校の想像表現コースの生徒たちが実際に取組んでいる「次世代と描く原爆の画」プロジェクトを題材にしたドラマ。

主演は、NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」出演の小芝風花さん。ドラマ撮影はオール広島ロケで、実際の基町高校の校舎や油絵教室、教官室などが使用され、現役の基町高校の生徒たちも劇中に登場しています。

また、物語がスッと入ってくるほどキャストの広島弁がとても自然。地元の人がみても感情移入しやすいドラマに仕上がっています。