イオンモール広島府中(広島県安芸郡府中町)の4Fにある映画館「広島バルト11」が、IMAXデジタルシアターを導入することが明らかとなりました。

広島バルト11を運営する株式会社ティ・ジョイによると、2017年の冬を目途にIMAXデジタルシアターを導入する予定とのこと。

IMAXシアターの導入に伴い、バルト11では9月初旬から一部シアターと劇場ロビーの改修工事をスタート。11のスクリーンを持つバルト11は工事期間中 休館はせず、1〜2スクリーンのみ休映する。


▼IMAXとは
映画を最高品質で楽しめるように、映像・音響・空間をIMAX社が独自開発・設計したもの。世界最高レベルの臨場感を追求し、他では味わえない映画体験を可能にした。


広島県内でIMAXデジタルシアターを導入している劇場は、福山エーガル8シネマズ(2015年末導入)が初めてで、現在までこの劇場のみでしたが、バルト11の導入によって広島中心商圏に初めてのIMAXシアターが誕生します。