進化し続けているJR広島駅の駅ビル商業施設・ekie(エキエ)の最後のエリア、ekie KITCHEN(エキエキッチン)が2019年10月2日にオープンしました。

ekie KITCHEN(エキエキッチン)は、広島新幹線名店街のあった場所に誕生する新たな食品エリア。

広島駅の利用者や駅周辺に住む地元民をメインターゲットに、デリカ(総菜やテイクアウトフード)、スイーツ、カフェ、ドリンクスタンド、グロサリー(一般食品)、リカー(酒類)、スーパーマーケット、ドラッグストアといった、

日常的に利用してもらえるラインナップをバラエティ豊かに揃え、36店舗が出店。

エキエキッチンに登場する店舗は、広島県内の人気店を中心に集められているため、観光客もここにくれば広島の人気店の味を手軽に楽しむことができます。

◆広島駅 ekie(エキエ)の全エリア完成へ

JR広島駅の駅ビル商業施設 ekie(エキエ)は全4期に分け、以下のようにエリアごとに順次オープンしてきました。

第1期「エキエ 雑貨マルシェ」2017年10月オープン
第2期「エキエ ダイニング」2018年3月オープン
第3期「お土産館&エキエバル」2018年9月オープン

最後の第4期となる「 ekie KITCHEN (エキエ キッチン)」が2019年10月2日に開業して、晴れてekie全エリアのグランドオープンとなります。