大東建託は2019年、居住満足度調査としては過去にない大規模な本格調査を実施。

「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2019<広島県版> 」と「住みたい街ランキング2019<広島県版>」を集計し2019年10月に発表しました。

この調査は大東建託株式会社の賃貸未来研究所が行う初めての調査。「街」の、「街」に住む人による、「街」選びのための調査として全国184,193人からの評価結果を発表。

今回紹介するのは、そのうちの広島版。県内31自治体に住む20〜60代の男女からのインターネット調査で行われました。

◆いい部屋ネット 街の住みここちランキング2019<広島県版>

1位:安芸郡府中町
2位:広島市西区
3位:広島市南区
4位:広島市中区
5位:安芸郡海田町

「住みここち」の評価は、交通利便性・親しみやすさ・生活利便性・治安・イメージ・自然・観光・行政サービス・物価といったカテゴリから詳細な質問に対し、大変満足〜大変不満まで5段階評価。これを数値化し、集計してランキングが作成されたもの。

交通・生活利便性の設問もあることから、やはり広島市を中心としたランキングになっていますが

特徴的なのは、広島市の各区をおさえて1位に輝いたのが府中町であること。

大東建託の分析・居住者コメントによると以下のような点が評価されたよう。

◆安芸郡府中町
府中町は広島駅から近くマツダ株式会社の本社やキリンビール広島工場跡地にイオンモールがある。周囲は広島市に囲まれており、広島市のベッドタウンとして宅地化が進み、人口は日本の数ある町村の中で日本一の5万人を超える。

◆居住者コメント

閑静な住宅地で、環境が素晴らしく子育てしやすい。広島市内に行くにも便利。広島市とは合併していないが、マツダの本社があるため町民税が安い。(女性・42歳・既婚・パート)

広島駅まで車で10分くらいの距離で、近くに巨大なショッピングモールがあり、生活するには便利。(男性・74歳・既婚・製造業)