下水道の事をもっとよく知ってもらいたい!そんな思いから下水道プラットホーム(GKP)が各自治体と共同で作成する「マンホールカード」が2017年8月1日追加分で全222種になります。

ンホールカードは、国内各地にあるデザインマンホールの写真やデザインの由来、場所情報が記されている “カード型下水道広報パンフレット”。発行開始から1年以上経ち、収集する人も多くなっているようです。

マンホールカードはこれまで2016年4月に初導入後、少しずつ参加自治体を増やしており、2017年8月1日導入は第5弾!

広島県内では、広島市のカープ坊やデザインをはじめ、東広島市、三原市のものが発行されていましたが、今回は竹原市と呉市(2種)が追加。

竹原市では道の駅たけはら2階、呉市では呉市入船山記念館・街カド市民ギャラリー90にて、それぞれ8月1日以降より配布されます。

全種一覧はパンフレットで確認。配布場所・配布時間など詳細は下水道広報プラットホームHPにてご確認ください。