新潟県南魚沼の「舞子グランピング」(舞子スノーリゾート内)は、関越道 塩沢石打ICからたった2分!首都圏からも約2時間という抜群のアクセスで、県内だけでなく首都圏ユーザーからも人気を誇るグランピング施設です。今年度は感染症予防対策も万全に整え、4月24日(土)から営業をスタートしています。

感染症予防対策も万全に



昨年、コロナ禍における“密”を避けるレジャーとして、キャンプ場がクローズアップされましたが、同時により快適なサービスを求めるユーザーニーズは強く、グランピングの人気もますます高まりそうですね。舞子グランピングでは既存12サイトに加え、今夏には8サイトが増設される計画です。来場時の体温チェックの徹底、密を避ける動線の確保はもちろん、朝食は通常営業時よりも大きな会場を使用し、さらには各所への消毒液設置や清掃・除菌の強化など、感染症予防対策には万全です。


“舞子流”グランピングとは?



舞子グランピングが他のグランピング施設と一線を画すのは、隣接のグループリゾートホテル「舞子高原ホテル」施設の一部を利用できるという点です。自然光に包まれたオープンジャグジーを完備した温泉大浴場「飯士(いいじ)の湯」や、地元で採れた新鮮食材をふんだんに使った朝食ブッフェなど、“舞子流”グランピングならではのサービスとして大好評です。



舞子グランピング
住所:新潟県南魚沼市舞子2056-108
電話:025-783-4100
URL:https://www.maiko-resort.com/summer/glamping.html
アクセス:(車)関越道 塩沢石打ICから約2km (電車)JR上越新幹線 越後湯沢駅から無料シャトルバス(要予約)で約20分
営業期間:2021年4月24日(土)〜10月23日(土) ※チェックイン14:00〜/チェックアウト〜10:00
定員:1サイト4名様まで(2名様以上から承ります)
料金:大人14,000円〜/小学生10,500円〜/3歳〜未就学児7,500円〜 ※2歳以下無料 ※1泊2食(夕食:グランピングサイト/朝食:舞子高原ホテル)・グランピング備品・温泉利用料・ディスクゴルフ&グラウンド・ゴルフプレー料(各1回)・駐車料 含む


PR TIMES