国の重要文化財にも指定されている楼門がシンボルとなっている、佐賀を代表する温泉地「武雄温泉」。温泉街には多くのホテルや旅館が軒を連ねていますが、「どれが自分に合っているかわからない」という人もいるはずですよね。そこで今回は、JTBがお客様アンケートの評価やサイト閲覧数をもとに総合的に作成している「全国ホテル・旅館ランキング」から、武雄温泉周辺で泊まりたい宿のランキングを一挙紹介します。

(C) Shutterstock.com

 

色鮮やかな楼門がシンボル「武雄温泉」



出典元: kan_khampanya / Shutterstock.com

嬉野温泉と並び、佐賀を代表する温泉地である武雄温泉。竜宮城を思わせる色鮮やかな楼門は武雄温泉のシンボル的な存在で、国の重要文化財にも指定されています。その歴史は長く、約1300年前に書かれた「肥前風土記」にも記されているほど。江戸時代になると宮本武蔵や吉田松陰、伊能忠敬など、歴史上の有名な人物も入浴したといわれています。

泉質は弱アルカリ単純泉で、透明で柔らかな湯ざわりが特徴。しっとりとして保湿効果も抜群なので、美人の湯として親しまれています。佐賀の南西に位置しているため、長崎へのアクセスしやすいのもポイント。近郊には有名なコーヒー店が入っている武雄図書館や、四季折々の自然を楽しめる御船山楽園など、話題のスポットも豊富です。

第8位 ペンションピクニック


目の前に湖が広がる、木造のロッジ風の宿。眺めの良いテラスでBBQを楽しむこともできます。露天風呂と内湯の温泉は貸切り利用も可能です。


ペンションピクニック
住所:佐賀県武雄市武雄町永島16200-1
料金:大人1名1泊6000円〜
https://www.jtb.co.jp/kokunai-hotel/htl/8145A01/

第7位 北方温泉 四季の里 七彩の湯


「大浴場」や「露天風呂」、「陶器風呂」、「桶風呂」、「五右衛門風呂」など、多彩に温泉を満喫できる宿。地下1,200mより湧き出る硫黄の香り漂う天然温泉は、保湿効果に優れ美肌の湯といわれています。夕食には、四季折々の食材を味わえる懐石料理のほか、呼子港で水揚げされた新鮮なイカ活き作りも楽しめます。


北方温泉 四季の里 七彩の湯
住所:佐賀県武雄市北方町大字大崎4300-1
料金:大人1名1泊6,350円〜
https://www.jtb.co.jp/kokunai-hotel/htl/8145A05/

第6位 セントラルホテル武雄温泉駅前


武雄温泉駅南口の目の前にあるホテル。無料の駐車場や、無料の朝食バイキング、無料レンタサイクルなどサービスが充実しています。


セントラルホテル武雄温泉駅前
住所:佐賀県武雄市武雄町昭和16-12
料金:大人1名1泊4,400円〜
https://www.jtb.co.jp/kokunai-hotel/htl/8145016/

第5位 武雄温泉 森のリゾートホテル


湖を前景に、雄大な山々と森に囲まれたホテル。山手側の「森の湯」と湖畔を望む「みなもの湯」の2カ所の天然温泉を楽しめます。


武雄温泉 森のリゾートホテル
住所:佐賀県武雄市武雄町大字永島15750-1
料金:大人1名1泊7,550円〜
https://www.jtb.co.jp/kokunai-hotel/htl/8145017/

第4位 なかます旅館


なめらかな肌ざわりの温泉と大浴場が自慢の宿。黒を基調にした落ち着きのある雰囲気の大浴場「朋來の湯」では、庭園を眺めながら旅の疲れを癒やせます。ロビーの一角には初代柿右衛門の香炉など古伊万里を展示したミニギャラリーも。


なかます旅館
住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄7377
料金:大人1名1泊8,030円〜
https://www.jtb.co.jp/kokunai-hotel/htl/8145003/

第3位 懐石宿扇屋


明治38年(1905年)に創業された、大人のための上質な時間が流れる宿。『料理の鉄人』にも出演した主人が織り成す、本格懐石料理も自慢です。


懐石宿扇屋
住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄7399
料金:大人1名1泊24,200円〜
https://www.jtb.co.jp/kokunai-hotel/htl/8145010/

第2位 ホテル春慶屋


自家源泉の美人の湯を楽しめる宿。ホテル屋上「展望露天」では、武雄の市街地を見下ろしながら、100%源泉かけ流しの温泉を満喫できます。


ホテル春慶屋
住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄7407
料金:大人1名1泊8,800円〜
https://www.jtb.co.jp/kokunai-hotel/htl/8145007/

第1位 湯元荘東洋館


創業380年の伝統を誇る湯元荘東洋館は、徳川時代参勤交代の脇本陣をつとめ、剣聖「宮本武蔵」が厳流島の決闘後「五輪の書」の想を練ったといわれる歴史ある宿です。源泉を掛け流しで使用。アルカリ性単純温泉で無色透明な良泉は体の芯まで温め、疲れを癒やしてくれます。


湯元荘東洋館
住所:佐賀県武雄市武雄町武雄7408
料金:大人1名1泊税込 18,700円〜
https://www.jtb.co.jp/kokunai-hotel/htl/8145005/

今回は、佐賀県にある人気温泉地「武雄温泉」周辺の人気ホテル・宿のTOP10を一挙紹介しました。いずれもJTBによる調査をもとにしたランキングなので、どの宿に泊まりに行ってもハズレなし! パートナーと一緒に楽しむもよし、一人旅でしっぽり温泉を満喫するもよし。武雄温泉で素敵なステイを満喫してくださいね。

武雄温泉のおすすめ宿の予約はこちら
https://www.jtb.co.jp/ranking/kokunai/takeo_onsen/
※2022年5月11日時点の情報です。JTBホームページのランキングは毎月更新されます。