旅したような楽しい気分になれる、その土地ならではの食材を使ったご当地どんぶり。今回はそんな全国の「ご当地丼の人気ランキング」を大発表! みんなでつくる地域応援サイト「生活ガイド.com」で発表されたデータをもとにしているので、あなたのお気に入りのグルメもランクインしているかもしれませんよ。


 

第5位 秋田県男鹿市「ハタハタ丼」



(写真提供:株式会社男鹿なび)

第5位は、秋田県男鹿市の「ハタハタ丼」。男鹿の二大名物であるハタハタとしょっつる(魚醤)のコラボレーションが楽しめます。

お店によってハタハタが揚げられていたり、かば焼きにされていたりと味付けや調理法はさまざま。お気に入りの味を見つけるために全店制覇したくなるどんぶりです。

第4位 千葉県富津市「はかりめ丼(穴子丼)」



第4位は千葉県富津市の「はかりめ丼(穴子丼)」。富津市名産のアナゴは、細長く横に点々とある模様がはかりのように見えることから、 別名「はかりめ」と市場用語で呼ばれているそう。

そんな富津名産のはかりめを使用した「はかりめ丼」は、甘辛いタレとふわっとした柔らかいアナゴが口の中で奏でるハーモニーがたまりません。低カロリー高たんぱくなのもうれしいポイントです。

第3位 宮城県大崎市「凍みっぱなし丼」



第3位にランクインした「凍みっぱなし丼」は、宮城県大崎市を代表する特産品の凍み豆腐を、乾燥させずに凍らせたまま熟成させる「凍みっぱなし」で作るどんぶり。

凍み豆腐とは異なり、熟成させたままなので、柔らかい食感が特徴です。カツ丼風に仕上げられたジューシーな味わい。たんぱく質が豊富で、栄養も満点です。

第2位 宮崎県串間市「串間活〆ぶりプリ丼ぶり」



第2位は宮崎県串間市の「串間活〆ぶりプリ丼ぶり」。串間市で水揚げされた新鮮な活〆ぶりと旬の野菜がふんだんに使用されたどんぶりです。

どの店でも一律1,000円とお手頃価格で楽しめます。ブリのあら汁がセットになっていて、活〆ぶりとともにめいっぱいぶりを満喫できます。

第1位 北海道釧路市「和商の勝手丼」



第1位に輝いたのは、北海道釧路市の「和商の勝手丼」。和商市場内で食べられている「勝手丼」は、 自分で好きな具材を選ぶことができる楽しいどんぶりです。

ご飯の量も大・中・小と選ぶことができ、お腹の空き具合に合わせて購入できるのもうれしいところ。

市場内のさまざまな海鮮屋さんで好みの材料を選べるようになっていて、自分の大好物を敷き詰めたオリジナルのどんぶりを完成させることができますよ。

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年2月10日〜2022年3月10日
調査対象:生活ガイド.com会員20代〜80代の男女373名

「生活ガイド.com」URL:https://www.seikatsu-guide.com/