京都府中京区室町通にあるスモールラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 京都」では、京都祇園祭の最高の見せ場となる山鉾(やまほこ)巡行を心ゆくまで楽しめる「2日間限定のデイユースプラン」が登場しました。京町家の居心地よい部屋と、ひらまつの美食でしめくくる特別な一日を過ごせますよ。


 

祇園祭のハイライト・山鉾巡行が3年ぶり復活



京都祇園祭は千年以上守り続けられてきた、夏の京都を彩る一大行事です。

例年7月1日から31日まで、ひと月にわたってさまざまな祭事が行われますが、そのハイライトとなるのが、2022年7月17日の前祭と、7月24日の後祭に繰り広げられる山鉾巡行。前祭に23基、後祭に11基、合計34基の優美な山鉾が、京都の中心部を巡ります。

ユネスコ無形文化遺産にも登録され、多くの人々を魅了してきた「京都祇園祭の山鉾行事」は、コロナ禍でやむを得ず中止されていましたが、2022年度は3年ぶりに、本来の形で催されることになりました。

今回紹介する「THE HIRAMATSU 京都」のデイユースプランでは、前祭の出発点・四条烏丸と後祭の出発点・烏丸御池を結ぶ、御池通りに設けられた観覧席に座り、絢爛豪華な山鉾をゆったりと楽しむことができます。

京町家の風情を感じられる「THE HIRAMATSU 京都」



今回紹介したプランを販売しているのは、京都祇園祭にも縁の深い場所(室町通三条上る役行者町)にあるスモールラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 京都」。

同ホテルは、明治32年ころに建てられた京町家を保存・修復しながら、数寄屋建築の名工・中村外二工務店の総合監修によって再生されたもの。当時の美意識が感じ取られる空間は多くの旅行者にも好評を得ています。

館内に一歩足を踏み入れれば、かつての呉服屋の趣を残す表屋や、町家ならではの走り庭がお迎えしてくれます。

山鉾巡行を満喫したあとは美食ディナーで締めくくり



同プランでは、山鉾巡行の熱気を満喫したあとは、和とモダンが調和した居心地よい客室で、ゆっくり寛いでリフレッシュすることができます。

さらに1日の締めくくりを彩るディナーコースは、イタリア料理と日本料理から選択可能。

シェフが香りよい鮎や加茂茄子を使い、京都の夏を表現する「リストランテ ラ・ルーチェ」では、京都らしく、和のエッセンスも加えたイタリア料理を味わます。

「割烹 いずみ」では、旬の鱧を使った涼を感じる一皿や、美しいお椀など、料理長の技がつまったコースを満喫できます。

祇園祭 山鉾巡行観覧席付きデイユースプラン/選べる夕食付き
利用日: 2022年7月17日(前祭)または7月24日(後祭)
料金:1名につき34,000円(税サ込)(1部屋 最大3名まで)
<プラン内容>
・京都祇園祭 前祭(2022年7月17日)または後祭(2022年7月24日)の山鉾巡行 観覧席
・ディナー「リストランテ ラ・ルーチェ」でのイタリア料理フルコースまたは 「割烹 いずみ」での季節のコース
・ウエルカムシャンパン:到着時に1人1グラス
・客室デイユース:14:00〜最長で当日20:00まで利用可能(部屋タイプ:デラックスプレミア/72.1~77.4平方メートル)
予約はこちら:https://www7.489pro.com/asp/489/Ex.asp?p=nzWhEtyYon
※室数に限りがあるため、満室になっている場合もあります

今回は、「THE HIRAMATSU 京都」の「祇園祭 山鉾巡行観覧席付きデイユースプラン」を紹介しました。3年ぶりに復活する祇園祭の山鉾巡行を楽しんだり、心落ち着く優雅な客室で祭りの余韻に浸ったり、美食に舌鼓を打ったりと、贅沢で特別な1日を楽しめるこの時期だけのプランで、京都の夏の風物詩を満喫してみてくださいね。

THE HIRAMATSU 京都
住所:京都市中京区室町通三条上る 役行者町361
URL:https://www.hiramatsuhotels.com/kyoto/


PR TIMES