1月1日は元日、5月5日はこどもの日、7月の第3月曜日は海の日など、国民の祝日と定められている日以外にも、1年365日(うるう年は366日)、毎日何かしらの記念日なんです。日本記念日協会には、2021年2月時点で約2,200件の記念日が登録されており、年間約150件以上のペースで増加しているそう。そんな記念日の中から、旅や地域、グルメに関するテーマを中心に注目したい日をピックアップして紹介していきます。
2月7日

北方領土の日



1855年2月7日に、「日魯通好条約」が調印され、北方四島(歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島)が日本の領土として初めて国際的にも明確になったことから設定されました。毎年、「北方領土返還要求全国大会」が、東京で開催されるほか、全国各地で返還実現のためのさまざまな取り組みが行われます。
北海道根室市の野付半島から見た国後島
北海道根室市の野付半島から見た国後島 ※画像はイメージです © Shutterstock.com

オリンピックメモリアルデー



1998年2月7日の長野冬季オリンピック開会の日を記念して制定。長野オリンピックの理念のひとつに「自然との共生」があることから、オリンピック後の長野県の自然を考える日にとの願いが込められているそうです。
長野駅
長野駅 ※画像はイメージです © Joaquin Ossorio Castillo / Shutterstock.com

生パスタの日



7と8で「生=な(7)ま・パ(8)スタ」と読む語呂合わせから毎月7日と8日が生パスタの日。生めん類の製造業者の団体「全国製麺協同組合連合会」が制定しました。素材の風味、味、コシなど、生パスタの魅力を多くの人に知ってもらうのが目的とのこと。ちなみに、7月8日も「生パスタの日」に制定されています。
生パスタ
生パスタ ※画像はイメージです © Shutterstock.com

協力:日本記念日協会