1月1日は元日、5月5日はこどもの日、7月の第3月曜日は海の日など、国民の祝日と定められている日以外にも、1年365日(うるう年は366日)、毎日何かしらの記念日なんです。日本記念日協会には、2021年2月時点で約2,200件の記念日が登録されており、年間約150件以上のペースで増加しているそう。その記念日の中から、旅や地域、グルメに関するテーマを中心に注目したい日をピックアップして紹介していきます。

© Shutterstock.com

ドレッシングの日


マヨネーズ、ドレッシングなどの製造、販売を手がけるケンコーマヨネーズが制定しました。ドレッシングの新しい利用方法をアピールすることが目的です。

日付は、ドレッシングは野菜にかけて使うことが多いので、「野菜にかける」で8×3×1=24になることから24日。そして、週間カレンダーの「野菜の日」(8月31日)の真上にくる日が8月24日であることからこの日を記念日としました。また、夏の暑さで食欲不振になりがちがこの時期に、ドレッシングをかけたサラダを食べて多くの人に健康(ケンコー)になってほしいとの思いも込められています。
サラダにドレッシングをかけるイメージ
※画像はイメージです © Shutterstock.com

バニラヨーグルトの日



※画像はイメージです © Shutterstock.com

はっ酵乳・乳酸菌飲料の専門メーカー日本ルナが制定。1993年から発売している、アイスクリームのような味わいが大好評のバニラヨーグルトのPRが目的です。

日付は8と24で「バニラヨーグルト」と読む語呂合わせから。また、夏の暑さにバテてしまいがちなこの時期に栄養価の高いヨーグルトを食べて、元気に過ごしてほしいとの願いも込められています。

協力:日本記念日協会