1月1日は元日、5月5日はこどもの日、7月の第3月曜日は海の日など、国民の祝日と定められている日以外にも、1年365日(うるう年は366日)、毎日何かしらの記念日なんです。日本記念日協会には、2021年2月時点で約2,200件の記念日が登録されており、年間約150件以上のペースで増加しているそう。その記念日の中から、旅や地域、グルメに関するテーマを中心に注目したい日をピックアップして紹介していきます。

© Shutterstock.com

かいわれ大根の日


かいわれ大根は、大根の種子を発芽させ、軸が伸びて子葉が開いたところに日光を当てて緑化したもの。かいわれ大根の日は、1986年(昭和61年)に日本かいわれ協会(現・日本スプラウト協会)が、かいわれ大根のよさをアピールしようと設けた日です。日付の9月はその会合を開いた月、18日は8の字を横にして1を立てると、かいわれ大根の姿(竹トンボ型)になるため。

※画像はイメージです © Shutterstock.com

シュライヒフィギュアの日


本物そっくりの動物フィギュアのメーカーとして世界的に名高いドイツのシュライヒ社の日本法人、シュライヒジャパンが制定しました。同社のリアルで高品質の動物フィギュアをより多くの人に知ってもらうのが目的です。シュライヒ社が設立された1935年9月18日にちなんで、この日に。



 










View this post on Instagram






















 

A post shared by Schleich (@schleichofficial)






協力:日本記念日協会