1月1日は元日、5月5日はこどもの日、7月の第3月曜日は海の日など、国民の祝日と定められている日以外にも、1年365日(うるう年は366日)、毎日何かしらの記念日なんです。日本記念日協会には、2021年2月時点で約2,200件の記念日が登録されており、年間約150件以上のペースで増加しているそう。その記念日の中から、旅や地域、グルメに関するテーマを中心に注目したい日をピックアップして紹介していきます。

© Shutterstock.com

雪見だいふくの日


「雪見だいふく」といえば、冷たいアイスをやわらかいおもちで包んだ和菓子感覚の商品。おもちとアイスの絶妙な食感が大人気で、1981年の発売以来ロングセラーとなっています。

「雪見だいふくの日」は、「雪見だいふく」を製造販売するロッテが、同商品をPRするために制定した日。日付は11月で「いい」と、パッケージのふたを開けて縦に見たときに18に見えるために18日としました。

ロッテ雪見だいふく
PR TIMES

カスピ海ヨーグルトの日


日本にカスピ海ヨーグルトをもたらしたといわれる家森幸男京都大学名誉教授とカスピ海ヨーグルトを扱うフジッコが制定しました。手軽に手作りできて増やせるカスピ海ヨーグルトを食べる習慣を広めて、人々の健康増進を図ることを目的としています。日付は、2002年から始まった純正菌種を安心安全に届けるための頒布活動が100万人に到達した、2006年11月18日にちなんで。

※画像はイメージです © Shutterstock.com

協力:日本記念日協会