1月1日は元日、5月5日はこどもの日、7月の第3月曜日は海の日などの、国民の祝日と定められている日以外にも、1年365日(うるう年は366日)、毎日何かしらの記念日なんです。日本記念日協会には、2021年2月時点で約2,200件の記念日が登録されており、年間約150件以上のペースで増加しているそう。そこで当シリーズでは、旅や地域、グルメに関するテーマを中心に、注目したい記念日を毎日ピックアップしてお届けします。

© Shutterstock.com

市田柿の日


長野県高森町が発祥の地である市田柿は、干し柿の王者とも呼ばれ、飯田下伊那地域が全国に誇る特産品。南信州地域の伝統風土に培われた健康食品としての存在をアピールするのが目的として、高森町の「市田柿発祥の里活用推進協議会」と、長野県飯田市の長野県下伊那地方事務所に事務局を置く「市田柿ブランド推進協議会」が共同で制定しました。日付は12月が市田柿の出荷月であることと、市田(いちだ)の1で1日としたものです。

※画像はイメージです © Shutterstock.com

カレー南蛮の日


カレー南蛮とは、カレーそばやカレーうどんにねぎ(長ねぎ・玉ねぎ)を入れた料理。だしとカレーがきいたつゆや、甘くて香り豊かなねぎなどを楽しむことができます。そんなカレー南蛮を世に知らしめた東京目黒の蕎麦屋「朝松庵」2代目店主、角田酉之介氏の誕生日にちなみ、カレーうどんをこよなく愛する「カレーうどん100年革新プロジェクト」が、カレーうどんが浸透してから100年の2010年に制定しました。

※画像はイメージです © Shutterstock.com

ワッフルの日


兵庫県神戸市に本社を置き、ワッフルケーキ専門店「ワッフル・ケーキの店 R.L(エール・エル)」を運営する新保哲也アトリエが制定。ワッフルという食文化を広めるために、その魅力を多くの人に伝えるのが目的です。日付は12と1を「ワッフル(ワン=1とフル=2)の日(1)」と読む語呂合わせと、「R.L(エール・エル)」の1号店が1991年12月1日にオープンしたことから。


協力:日本記念日協会