まだまだ海外に行きづらい今。こんなときは世界各地の写真を見て異国情緒を味わうのも一興かもしれません。そこで、前回好評を博した「世界グルメクイズ」を再び出題。今回はグルメ写真に加え、その国の主要農作物もヒントとしてピックアップ。地理の授業を思い出しながら、どこの国なのか想像してみてください。




 

第1問




まずは初級編から。この国はサーモンの養殖量が世界一。年間およそ130万トンにも及び、世界の養殖量の約半分を占めています。



こちらはこの国を代表するチーズ。Gjetostという名称で、現地の言葉で"gjet"で「ヤギ」を、"ost"で「チーズ」を表しています。乳清をカラメル状になるまで煮詰めるため、茶褐色な見た目が特徴。この国の名物であるオープンサンドの具材の定番でもあります。さて、どこの国かわかりますか?



正解は「ノルウェー」でした。初めてサーモンの養殖場が造られたのは1970年のこと。養殖に適した環境や気候により、現在ではおよそ世界100カ国に届けられるまでに産業が成長しています。

本来の「Gjetost(イェトスト)」は山羊乳から作られていましたが、近年では牛乳が用いられることも。塩キャラメルような独特の甘味が魅力。パンに具材をのせるだけのオープンサンド「スモーブロー」の欠かせないトッピングの一つです。

第2問




この国は「シナモン」の生産量が世界一。2位は中国、3位はベトナム、4位にはスリランカがランクイン。この4カ国を合わせると世界のシナモン生産量の99%を占めます。


こちらは、大豆にある菌をつけて発酵させた、この国の伝統的な発酵食品。茹でた大豆をバナナの葉に包むことで、葉に含まれる菌の働きで発酵が進むのだそう。同国では宗教上の理由から肉を食べない人が多いため、タンパク源としてこの食品が重宝されてきました。さて、どこの国かわかりますか?



正解は「インドネシア」でした。シナモンの一大産地はスマトラ島のクリンチ谷。オランダ植民地政府が道路整備を進めた1920年代に栽培が始まったと言われます。

大豆発酵食品「テンペ」は肉のような食べ応えがあることから、今や世界中のベジタリアンから注目される食品に。現地では揚げ物、炒め物、煮込み料理、サラダと幅広い料理に活用されています

第3問




最後の問題です。この国は「オレンジ」の生産量が世界一。特にジュース用オレンジの栽培が盛んで、世界で作られるオレンジジュースの半分はこの国のオレンジが原料となっていると言われるほど。



この国は白人系、アフリカ系、アジア系、混血など多様な人種や民族で構成されており、世界各地の食文化が融合しています。現地の言葉で“チーズのパン”を意味するこちらは、タピオカ粉によるもっちり感が特徴。さて、どこの国かわかりますか?


Dado Photos / Shutterstock.com

正解は「ブラジル」でした。オレンジの主要な生産地はサンパウロ。1960年にアメリカ・フロリダ州を寒波が襲い、同州のオレンジ生産が打撃を受けたことをきっかけに、天候面の心配がないサンパウロで栽培が始まりました。

一口サイズの「Paode Queijo(ポン・デ・ケージョ)」はブラジルの国民食。小麦粉ではなくタピオカ粉を使うことで、力強い弾力ある食感に。日本のパン店やスーパーでもお馴染みのパンの一つになっていますね。

以上、ご当地グルメの写真から推察する世界都市クイズでした。気になる国があったら、ぜひ旅先リストに加えてみてはいかがでしょうか?