風俗店へのスカウトや違法な客引きを防止しようと警察などが仙台市中心部をパトロールし、注意を呼びかけました。

仙台市青葉区の一番町商店街などでのパトロールには、警察と市の職員が参加しました。

TBC

宮城県では、キャバクラなど風俗店で働くようスカウトすることは条例で禁じられています。

県警によりますと去年、「スカウト行為」での摘発はありませんでしたが、「街を歩いていたらキャバクラで働かないかと後ろをつけられた」などという相談が10件あったということです。

TBC

県警生活安全企画課 及川佳朋犯罪抑止指導官:
「スカウト行為は違反です。もしも声をかけられた際には躊躇することなく110番通報を是非してください」

TBC

警察は、今後も県や市と連携してスカウト行為や違法な客引きの取り締まりを強化していく方針です。