21日は、東日本から西日本では前線の影響で雨、北日本では寒気の影響も加わり、湿った雪の降っている所が多くなり、宮城県で最も積もった時の積雪は、石巻で4センチ、仙台で2センチなどとなりました。午後になると、わずかに気温が上がったため、県の南部を中心に冷たい雨に変わった所が多くなりました。

この後も、東北地方には雪雲の元となる湿った空気が流れ込みやすい状況が続く見込みで、寒気が強まる今夜からは、東北南部を中心に雪の降り方が強まり、宮城県と福島県では、警報級の大雪となるおそれもあります。

TBC

22日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、
福島県の山沿いで40センチ、平地で30センチ、
宮城県の山沿いで30センチ、平地で20センチです。

TBC

大雪による交通への影響に注意・警戒するとともに、樹木や電線への着雪による停電に注意が必要です。

22日午前6時頃までには、雪が止む見込みですが、朝の通勤・通学時間帯にも積雪が残ると考えられるため、普段以上に時間に余裕を持って行動する必要がありそうです。