宮城県庁で21日、今年度最後の「県民ロビーコンサート」が開かれ、仙台市内の小学生の合唱団が歌声を響かせました。

合唱を披露したのは青葉区の聖ドミニコ学院小学校の合唱団の児童33人です。県庁に集まったおよそ250人の観客に対し人気アニメの主題歌や日本のポップスなどの合唱を披露しました。

TBC

訪れた人:
「孫みたいな感じで、もう涙が出てきます。聞いただけで」
「とってもよかった。なんか昔を、若い時を思い出した」

TBC

聖ドミニコ学院小学校の合唱団は、全日本合唱コンクールの全国大会で4大会連続で金賞を獲得しています。観客は児童が響かせる歌声に聞き入り、曲が終わると大きな拍手を送っていました。

TBC

今年度の県民ロビーコンサートはこれが最後で次回は4月24日に開かれます。