宮城県の4病院再編構想をめぐり、東北労災病院と県立精神医療センターとの基本合意が来年度に持ち越されることなどを受け、市民団体が年度内に構想を撤回することを県に要望しました。

東北労災病院の患者や職員らでつくる市民団体は22日、県庁を訪れ年度内に4病院再編構想の撤回を求める要望書を提出しました。

TBC

県が主導する4病院再編構想は、仙台赤十字病院と県立がんセンターを統合して名取市に、東北労災病院と県立精神医療センターを併設して富谷市に移転し、名取市には医療センターの分院を置くものです。

TBC

このうち、労災病院と精神医療センターについては県と基本合意が来年度以降に持ち越されることになり、市民団体は「反対の声を無視している」などと主張しています。

東北労災病院を守る会 小玉高弘事務局長:
「丁寧な説明ではなく、いい加減、撤回白紙をしてほしい。この構想自体が無謀な計画だ」

TBC

市民団体は今後も撤回を訴えたいとしています。