宮城県の4病院再編構想で、東北労災病院と精神医療センターとの基本合意を来年度に持ち越す理由について村井知事は「再編後の精神科医療態勢の検討に時間がかかっている」などと述べました。

村井知事:
「再編後の精神科医療態勢、サテライト案の検討に正直時間を要しておりまして、年度内の基本合意は現実的には非常に難しい」

TBC

村井知事は25日の会見でこのように述べ、東北労災病院と県立精神医療センターの富谷市への移転・併設について基本合意を、来年度に持ち越す考えを示しました。

TBC

精神医療センターについては、富谷市に移転させる代わりに名取市に分院を置く方針ですが、その際の医療提供態勢や病床数の検討に時間がかかっているということです。

村井知事:
「基本合意を頂点ということにいたしますと、4合目、5合目あたりではないかと思います」

東北労災病院と精神医療センターの移転・併設については、県の審議会に加え、患者からも反対の声が相次いでいますが、村井知事は、できるだけ早く基本合意を締結したいと話しています。