もうすぐサクラも咲こうというのに冬に逆戻りしてびっくりした人も多いのではないでしょうか。26日の宮城県内は低気圧の影響で雨が次第に雪へと変わり、仙台市内では早咲きのサクラに雪が積もりました。雪は26日夜遅くにかけて降り続く所が多く、積雪によるスリップに注意が必要です。

TBC

街の人:
「めっちゃ寒いです」
「きのうまで半袖でいたのに急に変わってまた冬に戻ったって感じです」

TBC

急速に発達する低気圧の影響で、26日の宮城県内は雨が昼頃から次第に雪へと変わり、仙台市中心部でも積もってきました。午後6時の積雪は仙台と大崎市古川で共に3センチなどとなっています。

TBC

街の人:
「こんなに降ると思っていなかったので、(対策は)あまりできていないです」

仙台市青葉区の錦町公園では、早咲きのコヒガンザクラが咲き始めていますが、26日はピンク色の花が雪化粧となりました。春と冬が同居する珍しい光景を見つけてカメラに収める人もいました。

TBC

訪れた人:
「サクラと雪を一緒に撮れればなと。ちょっと降りすぎですけど貴重なので良かったかなと」

TBC

宮城県内の雪は26日夜遅くまで降り続く所が多く、積雪がもう少し増える可能性があります。27日朝の最低気温は内陸を中心に氷点下となるため、積雪や路面の凍結によるスリップに十分注意が必要です。