水産業の仕事の魅力を知ってもらおうと宮城県石巻市で26日、地元の高校生たちがアルバイトでカキの出荷を手伝いました。

生産者:
「まずカキの上と下が分からないとだめだな」

「すギョいバイト」と銘打ったこの取り組みは石巻市の一般社団法人が企画したものできのうは石巻市沢田地区のカキ処理場で、地元の高校2年生4人が出荷作業を手伝いました。カキの殻むきは初めてという生徒たちは身を傷つけないようにナイフを動かし、徐々にコツをつかんでいる様子でした。

TBC

高校生:
「楽しそうだったし、カキに興味があったから来た。超楽しい」

TBC

「来年就職が控えているので社会体験の一環としてきた。思ったより難しくて慣れるまで時間がかかった」

TBC

ワカメやホヤ漁師の手伝いなど10種類のアルバイトが用意されているこの取り組みは、春休みに合わせ3月31日まで行われます。

TBC

時給は1000円で、33人の募集に対し50人以上の応募があったということです。