冬季閉鎖中の蔵王エコーラインの開通を前に、雪の回廊を歩くイベントが10日から始まりました。自然が織りなす迫力を求めて、国内外の観光客でにぎわいました。

蔵王エコーラインは、宮城県蔵王町と山形県の上山市を結ぶ全長26キロの山岳道路で、麓ではサクラの咲くこの時期も一面、雪景色が広がっています。

TBC

蔵王のシンボル「御釜」も氷に覆われたままです。4月末に控えた開通に向け、現在は除雪作業の真っ最中です。

TBC

高橋未来記者:
「こちらにそびえ立つ雪の壁、私の身長155センチよりもはるかに高い、およそ8メートルとなっています」

TBC

除雪作業が完了した区間では、10日から、期間限定で雪の回廊を歩くことができる「蔵王エコーライン雪の壁ウォーク」が始まりました。国内に加え台湾からのツアーなど、およそ330人の観光客が訪れて、標高1500メートル付近まで往復2キロのコースを1時間ほどかけて散策しました。雪の壁は、高い所では、8メートルあり、参加した人たちは、蔵王の自然が織りなす迫力のある雪の回廊を満喫していました。

TBC

台湾からの観光客:
「天気が良くて、青い空と真っ白の雪の壁がすごくきれいです」
中国からの観光客:
「出身地はあまり雪が降らないので、珍しいものを見ることができて感動しました」

TBC

この雪の壁ウォークは、4月14日までの5日間で1300人あまりが参加する見込みです。蔵王エコーラインは、4月26日に開通が予定されています。