連日の暑さのなかでも季節の移ろいを感じさせています。宮城県加美町のリゾート施設ではサルビアなど秋を彩る様々な花が見ごろを迎えています。

加美町の薬來山のふもとにあるリゾート施設「やくらいガーデン」です。広さおよそ3ヘクタールの花畑にはサルビアやケイトウ、それにバーベナなどおよそ20種類、16万株の花々が色鮮やかに咲き誇っています。

TBC

やくらいガーデンによりますと、今年は、夏の猛暑によって例年より2週間ほど早い8月中旬から咲き始め、水不足もなく順調に開花が進んでいるということです。

仙台市から訪れた人:
「心が洗われる。きれいな花。良く手入れをすると思って関心する」
大崎市から訪れた人:
「(4年ぶりに来て)花もいろいろ種類が増えて良かった。花に癒される。本当に来て良かった」

訪れた人たちは、高原の爽やかな風に揺れる秋の花々を写真に収めるなどして楽しんでいました。やくらいガーデンに咲く色とりどりの草花は10月下旬まで楽しめる見込みです。