宮城県内産の生食用のカキの出荷が、解禁日から1か月遅れて30日から始まり、県内の処理場で生産者は殻をむく作業に追われました。サイズはまだ小ぶりなものの、身入りは良いということです。

このうち、石巻市渡波の処理場では、生産者およそ120人が、前日水揚げをした養殖カキの殻を手際よくむいていました。

県の指針では、生食用カキの出荷は、例年9月29日とされていますが今シーズンは、猛暑による海水温の上昇などで成育が遅れ、出荷を1か月延期していました。サイズはまだ小ぶりなものの身入りは良いということで、生産者は、ようやくのシーズン到来を喜んでいました。

生産者:
「(サイズは)めんこいけどぺろぺろ食べられそう。頑張るしかない」
「(シーズン入りは)ようやくという感じ。(カキが)大きくなるように、祈ってます」

TBC

県漁協石巻湾支所 丹野芳広かき部会長:
「1か月待ち、自信を持って食べてもらえるカキになったので、生で食べてほしい」

TBC

30日は、およそ9.6トンが出荷され、初入札では、10キロ当たりの平均で去年より1割ほど高い3万851円の値が付きました。

県漁協では、今シーズン、県内全体でおよそ1500トンのむき身の出荷を目指します。生食用カキの出荷は、来年6月まで続きます。