再来年の公立高校入試について宮城県の審議会は15日、2025年3月4日に学力検査を実施するよう県教育委員会に答申しました。

TBC

15日は、入学者選抜審議会の田端健人委員長が県教委の佐藤靖彦教育長に答申書を手渡しました。答申では、2025年度入学の公立高校入試について学力検査の実施を2025年3月4日、追試験を3月7日、合格発表を3月13日とするよう求めています。本試験と追試験の間が中2日と短いため、インフルエンザや新型コロナなどへの感染が疑われる受験生は、第二次募集が行われる3月19日に改めて受験機会を設ける方針です。

TBC

県高等学校入学者選抜審議会 田端健人委員長:
「中2日で第一次募集の追試となっていて受験生に大変心的な圧迫になる。極力感染症などに罹患した場合はサポートしていく」

答申された日程は、12月開催される教育委員会で正式に決まります。