仙台市内で整備が進む次世代放射光施設「ナノテラス」。物質を原子レベルまで観察でき、様々な活用が期待されています。来年4月の運用に向けて7日、蓄積した電子から放射光を取り出す「ファーストビーム」が関係者にお披露目されました。

東北大学青葉山新キャンパス内に整備中の「ナノテラス」です。

小笠原悠記者:
「コンクリートの壁の奥に円型の装置があります。ここで、ほぼ光速に加速した電子をぐるぐる回しています。そこから初めて、放射光を取り出します」

TBC

「ファーストビーム」を記念し、関係者による式典が行われました。研究開発機構の代表らが専用のタブレットを使って電子を蓄積する円型加速器から放射光を2つのビームラインへ導入しました。

TBC

量子科学技術研究開発機構 小安重夫理事長:
「無事にファーストビームを終えることができ大変喜んでいる。それぞれのビームラインで(放射光を)最適化して、目的にあった使い方ができるように整備していく」

TBC

来年4月の運用開始を目指すナノテラス。太陽光の10億倍明るい光りを使い物質を原子レベルまで観察できる「巨大な顕微鏡」として医療や化粧品、自動車など様々な分野での活用が期待されています。

TBC

施設では今後、ビームラインの先にある実験装置に光りを導く調整や光りの輝度を上げる作業を行うということです。